②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2018年9月29日土曜日

スミスがグローブスをKO WBSS・S・ミドル級制覇

 サウジアラビアのシッダで28日挙行されたWBA・S・ミドル級“スーパー”王座タイトルマッチ兼ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)同級決勝は、挑戦者カラム・スミス(英)が王者ジョージ・グローブス(英)に7回2分4秒KO勝利。トーナメントを制し、世界王座に就いた。

 予想はほぼイーブン。英国人対決は身長190センチを誇るスミス(28)がジャブから右ストレートでリード。3回、スミスは右カウンターでグローブスをグラつかせ一気にラッシュ。会場を沸かせる。顔面が腫れ出したグローブスは右ボディーを返すなど反撃。6回には両者の右強打が交錯する。

 迎えた7回、スミスの左が急襲。たまらず後退したグローブスに挑戦者は上下に鋭い追撃。コーナーに沈んだグローブスは立てずカウントアウトされた。

 モハメド・アリ・トロフィーとベルトを獲得したスミスは25勝18KO無敗。S・ウェルター級のリアム・スミスなどリングで活躍するスミス4兄弟の1人。グローブス(30)は28勝20KO4敗。

 これで昨年開幕したWBSSのシーズン1は終了。来週はいよいよシーズン2、バンタム級トーナメントが横浜アリーナで開幕する。