excite_650x150

excite_650x150

2018年10月10日水曜日

亀田和毅がWBC暫定王座決定戦 11.12後楽園ホール

 WBC世界S・バンタム級2位の亀田和毅(協栄)が11月12日、後楽園ホールで同級1位のアビゲイル・メディナ(スペイン)とWBC同級暫定王座決定戦を行うことが決まった。元WBOバンタム級王者の和毅はこの試合に2階級制覇をかける。協栄ジムが10日、都内で会見を開いて発表した。

 暫定王座決定戦は、正規王者レイ・バルガス(メキシコ)が肩を負傷し、長期戦線離脱が見込まれるためWBCが承認した。バルガスのけがが回復すれば、この試合の勝者との対戦が義務付けられる。いまのところバルガスの復帰時期は不明。

 和毅の世界タイトルマッチは15年9月、3度防衛したWBO王座を返上してWBA王者ジェイミー・マクドネル(英)に挑戦して敗れて以来となる。

 およそ3年ぶりとなる世界戦を迎える和毅は「モチベーションを維持するのが難しくなっているときにチャンスがきた。チャンスがあればものにできるという自信はある」と抱負を口にした。

 メディナはドミニカ共和国生まれ、スペイン・バルセロナ在住の30歳。戦績は19勝10KO3敗2分の右ボクサーファイターで、現在は同級ヨーロッパ王座を保持している。

 和毅はメディナを「パンチがあるなという印象」と評価。その上で「いまできることをやれば相手はもたんと思う。自分からプレッシャーをかけて、得意のスピードと、いま(フィジカルトレーニングで)ついているパワーで倒せると思う」と力強く語った。

 会見に同席した兄の興毅は「ここで2階級制覇を達成すれば、亀田家が日本で大復活できる。亀田家ここにありという試合に期待している」と亀田家復活をアピールした。なお、現時点でテレビ放映、ネット配信については交渉中とのこと。