2018年11月1日木曜日

亀田和毅が弱点克服 暫定世界戦に向けパワーアップ

 WBC世界S・バンタム級暫定王座決定戦に出場する同級2位の亀田和毅(協栄)が1日、東京・大久保のGENスポーツパレスでトレーニングを公開した。和毅は12日、後楽園ホールで同級1位アビゲイル・メディナ(スペイン)と対戦する。

 およそ3年ぶりに世界タイトルマッチを迎える和毅は今回の試合に向けてフィジカルトレーニングに本格着手。「オレの弱点というか、伸ばしたほうがいいのがパワー。スピード、テクニック、スタミナは問題ない。あとはパワー」というのがその理由だ。

 重りを使ったウエートトレーニングに初めて取り組むにあたり、頼ったのがフィジカルトレーナーの多田久剛氏。2000年から06年にかけてプロ野球の日本ハムで指導をしたほか、国立スポーツ科学センターでオリンピック選手を手掛けた経験を持つ。

 多田トレーナーは今年、5月に2年半ぶりにエキシビションながらリングに上がった亀田3兄弟の長兄、興毅のトレーニングを担当。公開練習に同席した興毅は「和毅にやらせるために、まずは自分でやってみた」と戦略的に多田トレーナーの指導を受けたと説明する。

 トレーニングの目的は、実際には筋肉量を増やさずに、下半身の力を拳に伝える体の連動を習得するというもの。多田トレーナーによると和毅のセンスは抜群で、スクワットやベンチプレスはわずか3ヵ月で20キロも重いものを持ち上げるようになったという。

 和毅は「だいぶパワーがついた。いままでは腕だけで売っているときもあったけど、全身を使って打てるようになった」とトレーニングの成果を実感。興毅は「和毅(27歳)はこれからマックス30%は伸びる。29、30歳くらいでピークがくる。次の試合は本当に楽しみ」と弟の成長に胸を高鳴らせた。