2019年1月8日火曜日

バルガスとマチャドが防衛戦、2.9インディオ

 WBC世界S・バンタム級王者レイ・バルガス(メキシコ)が2月9日、米カルフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノで、同級3位フランクリン・マンサニージャ(ベネズエラ)と防衛戦を行う。試合はDAZNで全米に中継される。

V4戦が決まったバルガス

 

 バルガスは昨年5月、3度目の防衛を成功させたが戦線離脱。肩を負傷したということで暫定王座を設置する運びとなり、2位の亀田和毅(協栄)が11月、1位アビゲイル・メディナ(スペイン)に勝利して暫定王座に就いた。

 当初はバルガスが王座を返上するとの情報も一部で流れたが、無敗の王者は4度目の防衛戦を選択。WBCは亀田との王座統一戦ではなく、マンサニージャとの一戦を認めた。

 同じリングではダブルメインイベントとして、WBA世界S・フェザー級レギュラー王者のアルベルト・マチャド(プエルトリコ)が同級9位アンドリュー・カンシオ(米)と3度目の防衛戦を行う。Photo/SUMIO YAMADA