2019年3月8日金曜日

小原佳太がIBFウェルター級挑戦者決定戦
3.30米フィラデルフィアで無敗強豪と

 WBOアジアパシフィック・ウェルター級王者でIBF同級5位の小原佳太(三迫)が8日、日本ボクシングコミッションで記者会見を開き、米フィラデルフィアの2300アリーナで3月30日、IBF4位クドラティーリョ・アブドカクロフ(ウズベキスタン)とのIBF同級挑戦者決定戦に挑むと発表した。

当初は1月の試合予定で、既に150Rのスパーを積んでいる小原

 小原は16年9月、ロシアでIBF世界S・ライト級王者エドゥアルト・トロヤノフスキー(ロシア)に挑戦して2回TKO負け。クラスをあげて2度目の世界挑戦を目指していた。

 会見で小原は「IBFの挑戦者決定戦は2度目(15年11月、米マイアミでIBF・S・ライト級挑戦者決定戦にドロー)。挑戦者決定戦に勝って世界挑戦というのはだれにも文句を言われない王道だと思っている。今年で33歳になるけど、このチャンスをきっちり決めたい」と決意を語った。

 東洋大をへてプロ入りし、S・ライト級で日本、OPBF王座に就いた小原は20勝18KO3敗1分の32歳。対するアブドカクロフは15勝9KO無敗の25歳で、アマチュアでオリンピック出場こそないものの170勝10敗の戦績を残している強豪だ。

 小原は対戦相手について「派手さはない」としながら「距離を合わせるまでの攻防がうまく、上体を柔らかく使って頭の位置を動かすところはやりにくい」と高く評価。あえて「苦手なタイプ」とも表現した。

 17年7月、ロシアでアブドカクロフがWBCシルバー・ウェルター級王座を獲得した試合を現地で観戦している加藤健太トレーナーは「映像ではファイターの試合もあったけど、この試合は足を使ってサイドに動いていた。自分はそこまでやりずらくはないと思っている」と分析。小原も「一発のキレ、一瞬の爆発力」をアドバンテージに挙げた。

小原「次の次は見ていない。キャリア最強の相手」

 ウェルター級は日本人世界王者が誕生していない階級であり、タイトルを獲得すれば歴史的な快挙となるが、小原は「次の次は見ていない。今回の相手はキャリアで一番強いと思っている」と目の前の試合に集中。先のことは考えず、まずは海外初勝利(ここまで2敗1分)を目標に掲げた。

 三迫貴志会長によると、試合会場は約1600収容で後楽園ホールと同じくらいとのこと。メインでWBC世界L・ヘビー級王者オレクサンドル・ゴズディク(ウクライナ)がドウドウ・ヌグンブ(コンゴ)と防衛戦を行う。

 現在、IBFウェルター級王者に君臨するのはアメリカでも評価の高いエロール・スペンスJr(米)。スペンスは16日(日本時間17日)、4階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)と注目の防衛戦を行う。