2019年3月15日金曜日

田中恒成vs田口良一 注目の大一番あすゴング
両者とも「絶対に逃げない!」 打撃戦必至か

 WBO世界フライ級タイトルマッチの前日計量が15日、名古屋市内のCBC本館婦人ホールで行われ、チャンピオンの田中恒成(畑中)、挑戦者4位で元WBA・IBF世界L・フライ級王者の田口良一(ワタナベ)がともにリミットの50.8キロで合格した。試合はあす16日16時、岐阜メモリアルセンターで愛ドームでゴングとなる。

グローブはともにウイニング。好ファイトに期待が集まる

 計量前に行われた記者会見をリードしたのは田中。地元で初防衛戦を迎えるチャンピオンだった。 

「田口選手は分かっていると思うので、みなさんに言うなら、全然逃げないので。こんな面白いカードでつまらない試合にするつもりはない」

「やるべくしてやる試合だと思うし、普通の試合で終わらせるつもりはない。というか普通の試合にはならない」

 田中はWBO・L・フライ級王者だった17年、WBA同級王者だった田口との統一戦をアピールし、内定までこぎつけながら、自らのけがで試合をフイにした。田口をリスペクトしているだけに、今回の一戦にかける意気込みは並々ならぬものがあるのだろう。

 一方、物静かな田口も今回の試合にかける思いは負けていない。「2年前から田中選手を意識してきた。(一度は流れて)こうして相まみえることに運命を感じている。自分も逃げるつもりはない。打ち合いになると思うし、面白い試合になると思う」と決意を述べた。

畑中建人(右)はWBCユース王座のV2戦

 セミではWBCユース・フライ級王者の畑中建人(畑中)がソンセン・ポーヤム(タイ)と防衛戦を行う。世界タイトルマッチの模様はCBCが制作、TBS系列で当日16時から全国放送される。

会場でrsc大会記念グッズ発売

 また、試合会場では、ボクシングアパレルrscproductsがデザインした「THE FATE」Tシャツ、タオル、ポスターが大会記念グッズとして試合当日に会場で販売される。

 rscproductsは田中の今回の試合のコスチュームもデザイン。制作はオーダーメイド格闘技コスチュームで有名なFUEGO。