0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年4月4日木曜日

亀田和毅vsレイ・バルガス WBC・S・バンタム級戦合意

 WBC世界S・バンタム級暫定王者の亀田和毅(協栄=写真)と正規王者レイ・バルガス(メキシコ)の対戦交渉が合意に達した。対戦指令を出していたWBCが公式ホームページで伝えた。試合日時と場所は明らかにされていない。

 亀田は昨年11月、バルガスのけがに伴う暫定王座決定戦でアビゲイル・メディナ(スペイン)に勝利して同王座を獲得。2月にアメリカで行われたバルガスの防衛戦を視察し、リング上で対戦をアピールしていた。

 17年2月にベルトを巻いたバルガス(33勝22KO)はこれまで4度の防衛に成功。15歳でメキシコに渡った亀田(36勝20KO2敗)はアマチュア時代にバルガスに敗れており、リベンジを望んでいた。

■S・バンタム級世界王者

WBA ダニエル・ローマン(米=V3)
WBC正規 レイ・バルガス(メキシコ=V4)
WBC暫定 亀田和毅(協栄)
IBF TJ・ドヘニー(アイルランド=V1)
WBO エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)

 WBA王者ローマンとIBF王者ドヘニーは4月26日に米国で統一戦。WBO王者ナバレッテは5月11日、こちらも米国で前王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)とダイレクトリマッチが決定。また、前IBF同級王者の岩佐亮佑(セレス)がIBF挑戦権を獲得している。