0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年9月29日日曜日

チャベスJr、ベラに3-0判定勝利

 体重設定がどんどん上昇し物議を醸した前WBC世界ミドル級王者フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)の再起戦が28日(日本時間29日)、ブライアン・ベラ(米=WBOミドル級1位)を相手にロサンゼルス近郊カーソンのスタッブハブ・センターで行われた。

復帰戦に何とか勝利したチャベスJr

 前日の計量で172.4ポンド(78.2キロ)を計測し、最終設定ウェイトの173ポンドをクリアしたチャベス。対するベラは171.2ポンド(77.65キロ)だった。初回、両者が対峙するとチャベスのサイズ優位は一目瞭然。だがベラは旺盛な手数で押し込む。チェイスを繰り返すベラにチャベスは機を見て顔面、ボディーにパンチを打ち込む。3回終盤からチャベスの顔面は腫れが目立ってくる。ラウンドが進行しても、手数のベラ、的確さのチャベスという展開は変わらず。終盤、チャベスはビッグパンチを狙う場面があったが、ベラにダメージを与えることはできなかった。

 公式スコアは96-94、97-93、98-92でチャベスが支持されたが、リングサイダーの多くとテレビ(HBO)の採点はベラの勝ちと見ている。カムバックは果たしたものの、体重の問題などチャベスの前途は険しい。Photo/BoxingScene.com