0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年5月11日土曜日

黒田雅之が視力キープに自信 ムザラネと予備検診

 IBF世界フライ級タイトルマッチの予備検診が11日に後楽園ホールの展示場で行われ、王者モルティ・ムザラネ(南ア)と挑戦者黒田雅之(川崎新田)がじかに顔を合わせた。「前々から思っていましたが、やさしい目をしている」が、チャンピオンと対面した黒田の感想だった。

注目された身長差は8センチ、もちろん黒田が高い

 最注目の身長差はムザラネが159.5センチ、黒田167.5センチで8センチ。これに対し、「もっと背の高い相手のほうがやりやすい」(ムザラネ)、「この階級で僕はもともと高いほうなので、いつもと変わりませんね」(黒田)と、特にやりづらさがないことを両者は強調した。

 2013年の世界初挑戦時の身体データと比較して、黒田は視力が落ちていないことを喜んでいた。6年にわたってリングで激しく戦ってきたわりに目を傷めていないからだ。「フィジカル面も試合の後半にブレなくなったし落ちていない、あるいは上がっていると思う」と黒田は自信をうかがわせる。

「自分なりにやることをやってきました。あとは試合をするだけです」。挑戦者はいい表情だった。主な検診結果は以下の通り。

    ムザラネ   黒田
身 長 159.5㎝   167.5㎝
頸 周 35.0㎝    34.0㎝
胸 囲 80.0㎝    86.5㎝
リーチ 167.5㎝   169.0㎝
視 力 左1.5右1.5  左1.5右1.5