0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年5月12日日曜日

黒田雅之あす世界挑戦「怖いくらい落ち着いている」

 あす13日後楽園ホールでゴングとなるIBF世界フライ級タイトルマッチの計量が12日、同展示場で行われ、王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)が50.7キロ、挑戦者4位の黒田雅之(川崎新田)が50.6キロでリミットの50.8キロをクリアした。

2度目の世界挑戦となる黒田(左)とV1戦の王者ムザラネ

 ムザラネと長時間のフェイスオフをして、世界戦前の行事を締めくくった黒田。「地に足がついていなかった6年前とはまるで違う。いまは怖いくらい落ち着いている」と現在の心境を表現した。

 6年前にWBAフライ級王者フアン・カルロス・レベコ(亜)に完敗して以降は、「試合をやるたびに改善して、ベストを更新してきた」という日々。かつて試合前はリラックスするために友人に会うこともあったが、ここ2年ほどは一人で過ごしているこも、細かく改善してきた一つである。

 あすの試合に向けては「いつも通り起きて、いつも通りバイトして、いつも通り練習に行くのと同じ気持ちで試合に臨めたら最高だと思う。ありえないことだけど、今回はその状態に近い」と平常心を好調。6年前とは違う姿を見せてベルトを奪うつもりだ

 IBFの世界戦のため当日計量が13日午前9時半から行われる。規定はリミットの10ポンド(4.53キロ)超以内。試合の模様はテレビ神奈川が午後7時55分から生中継。同局のユーチューブでもライブ配信される。https://www.youtube.com/watch?v=h7jCnneIgEg