0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年5月12日日曜日

ベルチェルトもバルガス返り討ち WBC・S・Fe級V5

 同じく米アリゾナ州ツーソンのコンベンションセンターのメインで行われたWBC世界S・ェザー級タイトルマッチは、王者ミゲール・ベルチェルト(メキシコ=写真)が前王者で1位のフランシスコ・バルガス(メキシコ)に6回終了TKO勝ち。2年ぶりの両者の再戦を制し5度目の防衛に成功した。

ベルチェルト(左)はスキルの違いを見せつけた

 初戦でバルガスに11回ストップ勝ちで戴冠したベルチェルトは順調に防衛戦をクリア。その勢いを続行するように左右コンビネーションを軸にペースを握る。しかし激闘を売り物にするバルガスはパンチを食らっても懸命に打ち返して試合を盛り上げる。

 しかしバルガスは3回に左目から出血し4回には鼻柱をカットする。それでも4回、右を返して反撃。会場を沸かせる。5回にも攻め込んだ挑戦者だが、ベルチェルトの上下への打ち分けを食らい攻勢を断たれる。

 6回もベルチェルトがスキルの差を発揮して優勢。ラウンド間のインターバルで、カットが広がったバルガスのチーフセコンド、ジョエル・ディアスが棄権を決断した。アナウンスされたタイムは6回3分ベルチェルトのTKO勝ち。

 WBO王者に伊藤雅雪(伴流)が君臨するクラスの対抗王者ベルチェルト(27)は36勝32KO1敗。王座復帰が成らなかったバルガス(34)は25勝18KO2敗2分。Photo/SUMIO YAMADA

■S・フェザー級世界王者

WBAスーパー ジェルボンタ・デービス(米)
WBA アンドリュー・カンシオ(米)

WBC ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)

IBF テビン・ファーマー(米)

WBO 伊藤雅雪
※25日にジャメル・ヘリング(米)とV2戦