2019年5月12日日曜日

パッキャオvsサーマン決定 7.20ラスベガス

 ウェルター級のWBA“スーパー”王者キース・サーマン(米)と同級“レギュラー”王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が対戦に合意した。試合は7月20日ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで挙行される。11日(日本時間12日)ジャレット・ハードvsジュリアン・ウィリアムズのIBF&WBA・S・ウェルター級タイトルマッチを全米に中継したFOXが放送中に発表した。

 両者の実績と人気から、このカードは「パッキャオvsサーマン」と表記される。パッキャオは昨年マレーシアのクアラルンプールでルーカス・マティセーにTKO勝ちでWBA“レギュラー”王座を獲得。その後PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)とサインを交わし、1月エイドリアン・ブローナーを判定で下し防衛を果たした。現在40歳。

 サーマンはWBA&WBC統一王者になりながら負傷で長いブランクをつくり、WBC王座を返上。23ヵ月ぶりに復帰した1月のホセシート・ロペス戦は2-0判定勝ちの辛勝だった。

 一時はウェルター級最強の呼び声があったが、ブランク中に戴冠したエロール・スペンス(IBF王者)、テレンス・クロフォード(WBO王者)が台頭。パッキャオ戦に復活をかける。

 同じリングでIBF・S・ミドル級王者カレブ・プラント(米)がマイク・リー(米)と初防衛戦。イベントはFOXが全米にPPV中継する。