2019年5月18日土曜日

ワイルダーがKO予告 あすNYでWBCヘビー級V9戦

 WBC世界ヘビー級タイトルマッチの計量が17日、ニューヨークのLIUブルックリン・アスレチックセンターで行われ、王者デオンタイ・ワイルダー(米)が223.25ポンド(101.26キロ)、挑戦者4位ドミニク・ブラジール(米)が255.25キロ(115.78キロ)を計測。明日のゴングを待つ運びとなった。試合は現地時間あす18日、ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで挙行される。

ビッグマッチにつなげたいワイルダー(左)とブラジール

 両者の体重差は32ポンド(約14.5キロ)。ワイルダーは前回12月のタイソン・ヒューリー戦よりも11ポンド(約5キロ)重い。今回が9度目の防衛戦。賭け率は8-1でワイルダー有利と出ており、本人も豪快なKO勝利を予告している。戦績は40勝39KO1分無敗。

 北京五輪銅メダリストのワイルダーに対しブラジールはロンドン五輪米国代表。16年に現3冠統一王者アンソニー・ジョシュア(英)のV1戦の相手を務め7回TKO負け。2度目のチャンスでベルト奪取を目指す。戦績は20勝18KO1敗。

王者ラッセルJrに来日経験もあるマルティネスが挑む

 セミ格で行われるWBC世界フェザー級タイトルマッチは、王者ゲーリー・ラッセルJr(米)が125.75ポンド(57.04キロ)、挑戦者キコ・マルティネス(スペイン)が124.5ポンド(56.47キロ)でリミット126ポンドをクリア。

 またショータイムが全米に中継するイベントの最初に行われるS・ライト級超の10回戦は、無敗のフアン・エラルデス(米)が140.5ポンド(63.73キロ)、相手の元IBF・S・フェザー級王者アルヘニス・メンデス(ドミニカ共和国)が140.75ポンド(63.84キロ)だった。Photos from Amanda Westcott/SHOWTIME