②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2013年10月19日土曜日

WBO最新ランキング、井上らがランクイン

井上尚弥

 WBOの最新ランキングが発表された。日本勢では12月に東洋太平洋王座決定戦に出場する日本L・フライ級王者の井上尚弥(大橋)が同級15位にランク入りした。井上はWBCの10位にもつけている。

 フェザー級では、東洋太平洋タイトルを獲得したばかりの日本王者、天笠尚(山上)も同級10位に登場。ライト級の東洋太平洋チャンピオン加藤善孝(角海老宝石)も新たに同級9位にランクされた。L・フライ級にランクされていた小野心(ワタナベ)はミニマム級の5位となった。

 王座が空位だったフェザー級は、決定戦を制したオルランド・サリド(メキシコ)が王者に返り咲き。S・ライト級スーパー王者だったフアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)はウェルター級王者ティモシー・ブラッドリー(米)に敗れて2位に降格。暫定王者だったマイク・アルバラード(米)が正規王者に昇格した。

 また、プロデビュー戦でランカーを下したアマ最強ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は初登場でいきなり2位にランクされた。月間最優秀選手にはブラッドリーと、女子ミニフライ級王者のホン・スヨン(韓国)が選ばれた。