2013年11月10日日曜日

ダウン挽回 マイキーがロッキー沈める

 ドネア対ダルチニアン戦と同じリングで行われたWBO世界S・フェザー級タイトルマッチは挑戦者で前WBOフェザー級王者のマイキー・ガルシア(米)が王者ローマン“ロッキー”マルティネス(プエルトリコ)に8回56秒KO勝ち。2階級制覇に成功した。マルティネスの敗北で4団体からプエルトリコ人王者がいなくなった。

マイキー・ガルシア(ボクシングニュース)

ダウンを奪うマイキー・ガルシア

 2回終盤、マルティネスの右カウンターでガルシアがリング中央に尻餅。賭け率が9-1で挑戦者有利といわれただけに波乱の立ち上がりとなった。しかしガルシアは冷静に対処。テクニックの差を披露して的確なパンチを見舞い、ペースを握る。6回からビシビシと強打で追い込んだガルシアは8回スパート。ワンツーを上に左をレバーに打ち込み見事なダウンを奪い、フルカウントを聞かせた。

 ガルシア(25)は33勝28KO無敗。マルティネス(30)は27勝16KO2敗2分。Photo/TopRank