②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2013年12月2日月曜日

亀田大の指名挑戦者にテテ 敵地でサンチェスをKO!

 メキシコのメヒカリで30日(日本時間12月1日)行われたIBF・S・フライ級1位決定戦はランク4位ゾラニ・テテ(南アフリカ)が、このタイトルの前保持者フアン・カルロス・サンチェス(メキシコ=現4位)に10回2分43秒KO勝ち。チャンピオン亀田大毅(亀田)の指名挑戦者に名乗りを上げた。

ゾラニ・テテ(ボクシングニュース)

トレーナーと抱き合う歓喜のテテ

 試合はダウン応酬の激戦。サウスポー同士、序盤はテテが長い右から左を放ってリード。5回、ダメージを与えたテテがロングレフトを突き刺すと、サンチェスはリングから落ちそうになるようなダウン。続く6回、奮起したサンチェスが倒し返し、以後激しい展開が続く。テテは9回、ホールディングで減点1を喫したが、疲労の色が見えるサンチェスをコントロール。10回、強烈な左を決めて倒し、フィニッシュした。

 テテ(18勝16KO3敗)は大毅×リボリオ・ソリス戦の勝者へ対戦を希望。サンチェス(17勝9KO2敗1分)は大事をとり検査のため入院した。