②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2013年12月6日金曜日

岩佐が椎野を5回TKOで下す OPBFバンタム級戦

 6日両国国技館の好カード、東洋太平洋バンタム級タイトルマッチは、挑戦者の岩佐亮佑(セレス)が王者の椎野大輝(三迫)を5回TKOで下し、新チャンピオンに輝いた。タイムは2分52秒。椎野は初防衛に失敗。

岩佐椎(ボクシングニュース)

椎野を左で攻め立てる岩佐(左)

 WBC1位、WBO4位につける元日本王者の岩佐とWBC9位椎野の一戦は、勝ったほうが世界へ大きく近づくという重要な位置づけ。初回は互いに距離を取ってパンチの交換は少なかったが、両雄がペースを握ろうと緊張感のある駆け引きを繰り広げた。

 2回に入ると岩佐が左ストレートをうまく上下の打ち分けてペースを握りにかかる。椎野は無理に距離を詰めようとせず、カウンターで右の強打を打ち込もうという腹積もりだ。3回に入ると岩佐が左ストレートをヒットさせて椎野をロープ際に追い詰め、連打を見舞うシーンが見られた。

 岩佐は4回にも椎野にコーナーを背負わせ、コンビネーションで攻めたが、ここでフィニッシュを急がなかったのはポーカーフェイスの椎野が「何かやってくる」という雰囲気をまだ漂わせていたからだろう。事実椎野は虎視眈々とカウンターを狙っていたが、見た目ほどの余裕はなかったようだ。

 フィニッシュは5回。岩佐のドンピシャの左ストレートが決まると椎野は背中からキャンバスへ落下。立ち上がったところに岩佐が連打をまとめて主審が試合を止めた。岩佐は16勝10KO1敗。敗れた椎野は10勝9KO3敗。