2013年12月6日金曜日

井上尚弥がOPBFタイトル獲得、弟拓真も初陣飾る

 前日本L・フライ級王者でOPBF1位の井上尚弥(大橋)が6日、OPBF東洋太平洋同級王座決定戦に挑み、同級2位のヘルソン・マンシオ(フィリピン)を5回2分51秒TKOで下してタイトルを獲得した。プロ5戦目でのOPBFタイトル獲得は最速タイ記録。

井上マンシオ(ボクシングニュース)

井上はボディブローを効果的に使った

 井上はジャブを軸とするいつものボクシングスタイル。この日は体が温まるまでに時間はかからなかった。ガードを高く上げて左右のフックを強振してくるマンシオに対し、パンチを外してアッパーとボディブローを叩き込んだ。

 2回に入るとワンツーから左ボディブローのコンビネーションが冴えた。ボディを効かされたマンシオが後退すると、井上は追いかけて右ストレートを打ち込み最初のダウンを奪った。

 このピンチを何とか切り抜けたマンシオだが、井上に上下を打ち分けられた上にカウンターまで浴び、3回にはヘロヘロ。左眼付近から出血もしたが、それでも闘志は衰えず、左右フックを振るって井上の顔面をとらえるなど意地を見せた。

 タフな相手にダラダラを試合を長引かせたくない井上は5回に勝負をかけた。ボディブロー、アッパーを突き上げて、右カウンターも決めると、ようやくマンシオが失速。井上はフィリピン人をロープに追い詰めてパンチの嵐を浴びせ、たまりかねた主審が試合を止めた。井上は5勝4KO。マンシオは18勝9KO4敗3分。

 次は世界戦か?という報道陣の問いに対し、大橋秀行会長は「自然の流れでそうなるんじゃないですか」と答えた。

 高校2冠などアマチュアで活躍した井上拓真(大橋)がデビュー戦に挑み、L・フライ級8回戦で日本ミニマム級8位の福原辰弥(本田フィットネス)に3-0の判定勝ちを収めた。スコアは59-56と59-55が2人。

 井上は初回からサウスポーの福原の打ち終わりに右ストレートを決めてペースを握った。スピードと細かいポジショニングは兄尚弥を思わせた。2回以降はカウンターを警戒する福原をやや攻めあぐねた印象。それでも終盤は左フックはアッパーも攻撃に折り曲げて文句なしの判定勝利を収めた。