0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年12月8日日曜日

リゴンドウ2冠堅守 アグベコを完封

 無敗のWBA・WBO世界S・バンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)と挑戦者元IBF世界バンタム級王者ジョセフ・アグベコ(ガーナ)のタイトル戦が7日夜(日本時間8日)米アトランティックシティのボードウォークホールで挙行され、リゴンドウが3ジャッジ一致の120-108とフルマークのスコアで判定勝ち。WBA王座は6度目、統一王座は初防衛に成功した。

リゴンドウが完勝防衛(ボクシングニュース)

リゴンドウ(左)はアグベコを寄せ付けなかった

 サウスポーのリゴンドウがスピードに乗ったタイミング抜群の右ジャブ、左ストレートをコネクトしてアグベコを翻弄した。記者会見では威勢のよかったガーナ人だが、王者のディフェンススキルと出入りの動きの前にほとんどクリーンヒットを奪えず、ラウンドを重ねる。前半、前回のドネア戦に比べて手数が多かったリゴンドウだがダメージングブローは奪えず、中盤以降は徹底したアウトボクシングに終始。最後までマイペースを貫いた。

「ノニト(ドネア)やロマチェンコがいくら私とやいたいと要求しても、決めるのはこっち」と勝者はいつもの仏頂面でさらりとかわしていた。Photo/SUMIO YAMADA