②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2013年12月17日火曜日

大沢のライセンスを再交付、20日に復帰戦

大沢のライセンスが再交付(ボクシングニュース)

大沢宏晋

 日本ボクシングコミッション(JBC)は17日、同日付けで1年間のライセンス停止処分を受けていた元OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン大沢宏晋(大星)のライセンスを再交付したと発表した。

 大沢は昨年12月16日、韓国ソウルでWBOアジアパシフィック暫定フェザー級タイトルマッチに出場。OPBF王者だった大沢はJBCに認めていないタイトルマッチにそれと知りながら出場したことを問題視され、1年間のライセンス停止、タイトルはく奪という処分を受けた。

 この試合に関しては、大沢のセコンド2人がJBCに提出する海外遠征届に「ノンタイトル10回戦」と記載。JBCはこれを「悪質な隠ぺい工作」としてセコンド2人のライセンスを取り消した。

 JBCは12日に資格審査委員会を開いて大沢のライセンス再交付を決定。大沢は20日、大阪・阿部野区民センターで行われる興行のメインイベントで復帰戦に臨むことが決まっている。