0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年12月20日金曜日

WBAがデンカオセーンと河野の決定戦を指示

河野に決定戦の指示(ボクシングニュース)

河野公平

 WBAの選手権委員会は空位となっているS・フライ級について、暫定王者で1位のデンカオセーン・カオウィチット(37=タイ)と2位の河野公平(33=ワタナベ)で決定戦を行うよう両陣営に指示した。今後両陣営が具体的な交渉に入る見込み。WBAがホームページ上で発表した。

 昨年の大みそかにテーパリット・ゴーキアットジム(タイ)を下してWBA同級王者となった河野は、5月の初防衛戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)に小差判定負けで王座から陥落した。そのソリスが今月3日に行われたIBF王者亀田大毅(亀田)との統一戦で計量に失格してタイトルをはく奪。王座が空位となった。

 5年前に坂田健史を下してWBA世界フライ級王者となったデンカオセーンは、2度目の防衛戦で亀田大毅に敗れてタイトルを失った。その後はクラスを上げてPABA王座を防衛。今年9月に名城信男(六島)との暫定王座決定戦を制して1位にランクされていた。