ライト級2冠王者ロマチェンコ クローラと指名戦

 WBA&WBOライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の次回防衛戦が元WBA王者...
>>続きを読む

八重樫東が“世界前哨戦” 4.8フェニックスバトル

 元3階級制覇王者の八重樫東(大橋)が4月8日、後楽園ホール「フェニックスバトル67」でノンタイトル...
>>続きを読む

木村翔が現役続行 3月下旬に中国で再起戦プラン

 前WBO世界フライ級チャンピオンの木村翔(30歳=青木)が19日、都内の日本ボクシングコミッション...
>>続きを読む

ヒューリーがトップランク&ESPNと複数年契約
注目ヘビー級 ワイルダー再戦はどうなる?

 WBCヘビー級王者デオンタイ・ワイルダー(米)とのダイレクトリマッチが有力と思われた元同級統一王者...
>>続きを読む

ライト級2冠王者ロマチェンコ クローラと指名戦
八重樫東が“世界前哨戦”4.8フェニックスバトル
木村翔が現役続行 3月下旬に中国で再起戦プラン
ヒューリーがトップランク&ESPNと複数年契約…

2019年2月18日月曜日

JBCが計測ミスで謝罪と処分 OPBF戦1ラウンド4分

 日本ボクシングコミッションは18日、昨年12月24日、大阪市の住吉区民センターで行われたOPBFバンタム級王座決定戦でタイム計測ミスが起きた問題について、検証結果を明かした上で謝罪、関係者の処分を発表した。

栗原(左)と小林の一戦、JBCは信頼回復が求められる

 この試合はストロング小林祐樹(六島)と栗原慶太(一力)が対戦。検証の結果5回終了後のインターバルが1分16秒(ルール上は1分)、6回が4分(同3分)、6ラウンド終了後のインターバルが2分2秒(同1分)あったことが確認された。

 JBCはこれに関して「担当タイムキーパーの単なるタイム計測ミスに止まらず、競技スポーツとしてのプロボクシングの根幹に関わる極めて重大な問題であり、また、選手の安全管理上も看過出来ないものと認識している」とした上で、出場選手やファンに謝罪を表明した。

 処分は浦谷信彰JBC本部事務局長(関西事務局長兼務)が厳重注意、担当タイムキーパーの越島二朗氏をライセンス無期限停止、スーパーバイザーの小池幸弘氏を謹慎とした。

 試合は栗原が1、2回にダウンを奪ってリードした。 5回に終了のゴングと同時に栗原が放ったパンチで小林がダウンし、これに六島陣営がゴング後の加撃ではないかとJBCに猛抗議。JBCはこれを認めなかったものの、混乱してしまったようだ。

 終盤は小林が追い上げて試合はヒートアップ。栗原は最終12回、この試合4度目のダウンを奪って113-111×3の小差で勝利を手にした。



2019年2月18日月曜日

黒田雅之の世界戦は5.13後楽園ホールに決定
IBFフライ級王者ムザラネに挑戦

 IBF世界フライ級タイトルマッチの発表会見が18日、東京・水道橋のJBC(日本ボクシングコミッション)で開かれ、出場の黒田雅之(川崎新田)が試合への意欲を述べた。同級4位の黒田は5月13日に後楽園ホールで同級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑戦する。

5年ぶりに世界の舞台に立つ黒田

 黒田にとって13年2月にフアン・カルロス・レべコ(アルゼンチン)の持つWBA王座に挑んで以来、2度目の世界挑戦が決まった。この間、17年2月に日本タイトル2階級制覇を達成するまでは「どん底」(黒田)だったが、王座を4度守り、世界ランキングをコツコツと上げてきた。

 昨年8月にはタイでIBF同級挑戦者決定戦を行うはずが、相手のエクタワン側の都合でキャンセルとなった。IBFは事情を鑑みて黒田を指名挑戦者に認定した。黒田がムザラネに勝てば、川崎市のジム初の世界チャンピオンとなる。

 黒田いわく「ボクシングでも、人間的にも精神的な落ち着きが出てきた」ことがこの6年間の自身の成長点という。「試合中に想定外のことが起きても立て直せるようになったし、ボクシングがこういうものだと少しは分かってきた」と黒田は言う。

“いじわる”に耐えて精神的に成長

 会見では、コンビを組む新田渉世会長が黒田に精神的な強さを身に付けてもらいたいと、あえて「いじわる」(同会長)していたことも明かされた。時に理不尽な要求もしたそうだが、「そこから這い上がってもらいたい」(同会長)との親心だったそうだ。これには黒田も「おかげで(物事に)動じなくなりました」と笑顔を交えて振り返る。

 チャンピオンのムザラネは36歳のベテラン。現在は2度目の王朝で、昨年暮れにマカオで坂本真宏(六島)に10回TKO勝ちし初防衛に成功している。37勝25KO2敗の堂々たるレコードの持ち主だ(黒田は30勝16KO7敗3分)。「どっしり構えて打ってくる。かみ合うと思います」と黒田はみている。「ダウンしたりする場面も想定して練習していますが、自分の負けはイメージしていない」と黒田。

 新田会長によると、このたび黒田は元世界王者・川嶋勝重氏から「ラストサムライ」の異名を譲り受けたという。昭和生まれの黒田は「新元号初の王者になりたい」と、今年5月の改元にちなんだ抱負も述べた。なお試合はテレビ神奈川で放送予定という。



2019年2月18日月曜日

敗戦のフアレス語る「岩佐のタフネスに驚いた」

 IBF・S・バンタム級挑戦者決定戦で岩佐亮佑(セレス)に10回終了負傷判定負けしたセサール・フアレス(メキシコ)が試合後、敗戦を振り返った。

流血戦の軍配は岩佐(左)に上がった

 ドクターストップの原因となった右目の傷の治療を終えたフアレスは「試合はとてもハードなもので(ストップまで)かなり拮抗していたと思う。1ラウンドはいいスタートが切れたが不幸にも岩佐の頭が当たり出血。以後、視界が遮られ、試合のリズムを失った」と負傷が災いしたことを強調した。

 10回までのスコアカード(95-95、97-93、98-92)に関しては「もっと競っていた。逆にフアレスが優勢だった」という見方もあるが、「私が勝っていたと思った人も多いだろう。でもしょうがない。ジャッジたちは自分の仕事をしたのだから。負けは負け」とサバサバした発言。

 岩佐の印象は「前世界チャンピオンでスピードがあり、強かった。タフネスに驚いた。こちらが有利に持ち込めると思ったのに盛り返されたから。これまで私が戦った相手より彼の方がもっと強い選手と対戦していたと痛感した」とコメント。

 そして「(KO負けした)ドグボエ(前WBO・S・バンタム級王者)はソリッドなパンチャーだけど、岩佐はよりスピードがあり、サウスポーでやりにくかった。彼を祝福したい」と勝者を称えた。(三浦勝夫) Photo/SUMIO YAMADA



2019年2月18日月曜日

リコナ最終回逆転KO負け クリエルが劇的戴冠

 レオ・サンタクルスの防衛戦、岩佐亮佑が負傷判定勝ちしたIBF・S・バンタム級挑戦者決定戦が行われた16日(日本時間17日)ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで挙行されたIBFミニマム級タイトルマッチはドラマチックな幕切れ─。

 初防衛戦に臨んだ王者カルロス・リコナ(メキシコ=米)が挑戦者9位ディーンジャイ・クリエル(南アフリカ)に最終12回2分16秒KO負け。昨年12月、決定戦で獲得した王座を2ヵ月半で失った。

クリエル(右)がIBFミニマム級新王者に

 タイトル獲得戦同様、ロバート・ガルシア・トレーナーに指導されるリコナが地元の声援を受けて断続的にヒットを奪い、世界初挑戦のクリエルからリードを奪う。一方、ラスベガスのベテランコーチ、ケニー・アダムスがコーナーに陣取ったクリエルは食い下がるが攻略の突破口が見つからない。

 そのままリコナがポイントアウトすると思われた最終回、南ア人の強打でリコナは尻餅をつく。王者も消耗が激しかったようでダメージが残る。挑戦者の追撃で倒れたリコナは辛うじて続行が許されたが、畳みかけられて3度目のダウン。レフェリーはためらわず試合を止めた。クリエルは15勝6KO1敗。初黒星のリコナは14勝2KO1敗。

 リング上で仰向けに倒れたリコナは意識を失い、会場からタンカで退場。容体が心配されている。Photo/SUMIO YAMADA

■ミニマム級世界王者

WBA ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ=V6)

WBC ワンヘン・ミナヨーティン(タイ=V10)

IBF ディーンジャイ・クリエル(南ア)

WBO ビック・サルダール(比)

※ワンヘンは福原辰弥(本田フィットネス)と防衛戦を予定

※サルダールは2月26日、後楽園ホールで谷口将隆(ワタナベ)と防衛戦



2019年2月17日日曜日

田中将吾(浪速高)がロシア国際大会で金
堤麗斗(習志野高)は銀

 ロシア・ハバロフスクで開かれていたアマのハバロフスク国際ボクシングトーナメント最終日は17日、決勝が行われ、L・フライ級の田中将吾(浪速高)がロシア選手を5-0の判定で下して優勝した。堤麗斗(習志野高)はロシア選手に0-5の判定で敗れ、銀メダルに終わった。

田中将吾

 日本ボクシング連盟によると、ほぼ同体格の選手と対戦の田中は1回から積極的に攻め、ジャブから右ストレート、返しの左フック、さらに右ボディとシャープにパンチを浴びせて優位に立った。相手もひるまず打ち返してきたが、田中がポイントを奪った。

 2回は相手のラッシュで、田中が受ける形となったものの、3回は田中が前に出て激しい打ち合いとなった。田中の連打が上回ったところでゴング、5人が29-28で田中を支持、田中は初の海外試合で金メダルを獲得した。

堤麗斗

 堤は長身選手と対戦。1回から相手ワンツーを外して左ストレートをヒット。2、3回は相手がラフファイトに持ち込もうとするも、冷静に左カウンターを決めた。堤の勝利かと思われたが、30-27が2人、29-27が3人の5-0でロシア選手の手が上がり、無念の銀メダルとなった。試合後の表彰式で堤に優秀選手の敢闘賞が贈られた。

 7カ国が参加した大会には高見公明監督(王寺工高ボクシング部監督)らが田中、堤のほかバンタム級・橋本仰未(岐阜工高)、L・ウェルター級・由良謙伸(芦屋学園)、ウェルター級・黒田丈二朗(崇徳高)の5人の高校生を率いて出場した。東京の次を目指す選手育成を図った。



Page 2 of 2,36312345