WBAが村田諒太とエンダムの入札期日を指定

 WBAは27日(日本時間28日)、ミドル級正規王者アッサン・エンダム(仏=カメルーン、写真右)と1...
>>続きを読む

村田諒太がパッキャオ戦予想「波乱もありうる」

  7月2日(日本時間1日)、オーストラリアのブリスベンで世界的スーパースター、WBO世界...
>>続きを読む

井上尚弥に挑戦のニエベス語る、村田諒太TV情報

■9月9日(日本時間10日)米西海岸でWBO世界S・フライ級チャンピオン井上尚弥(大橋=写真左)に挑...
>>続きを読む

9.9米国デビューの井上尚弥、世界4位とスパー開始

 WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が27日、横浜市内のジムで、9月9日(日本時間...
>>続きを読む

WBAが村田諒太とエンダムの入札期日を指定
村田諒太がパッキャオ戦予想「波乱もありうる」
井上尚弥に挑戦のニエベス語る、村田諒太TV情報
9.9米国デビューの井上尚弥、世界4位とスパー開始

2017年6月27日火曜日

木村翔がゾウ・シミンに挑戦、7.28WBOフライ級

 WBOフライ級7位の木村翔(青木=写真右)が7月28日、中国の上海でWBO王者ゾウ・シミン(中=鄒市明、写真左)に挑戦することが決まった。木村は世界初挑戦、ゾウは初防衛戦となる。

 木村は昨年11月、坂本真宏(真正)とWBOアジアパシフィック・フライ級王座決定戦を争い、判定勝ちでタイトルを獲得。世界ランク入りをはたした。今年5月に香港の無冠戦でKO勝ち。旺盛な手数で中国のスター、ゾウから金星を奪うことができるか。戦績は14勝7KO1敗2分の28歳。

7月11日予定のWBO・AP防衛戦はキャンセル

  木村は25日にタイに渡り、2週間の日程で合宿の最中。世界ランカーとスパーリングをしてゾウ戦に備える。帰国後に記者会見を開く予定。なお7月11日に後楽園ホールの「DANGAN」で予定されていたWBOアジアパシフィック・フライ級王座の防衛戦はキャンセルとなる。

 北京、ロンドンの両オリンピックで2大会連続金メダルを獲得したゾウは昨年11月、空位のWBO王座をクワンピチット・ワソンチャイジム(タイ)と争って判定勝ち。2度目の挑戦で世界王座を獲得した。戦績は9勝2KO1敗の36歳。

 現在フライ級はWBA王者に5度防衛中の井岡一翔(井岡)、WBC王者には先月戴冠した比嘉大吾(白井・具志堅S)が君臨する。IBF王者はドニー・ニエテス(比)。



2017年6月27日火曜日

2階級制覇王者シュメノフが引退表明、視力の低下

シュメノフがサラス・トレーナーとタッグ(ボクシングニュース)  L・ヘビー級とクルーザー級でWBA王者に就いたベイブ・シュメノフ(カザフスタン=写真)が26日、現役引退を発表した。シュメノフ(33)は目の視力が衰えていることを引退の理由に挙げている。

 シュメノフは4月29日ラスベガスでWBAクルーザー級暫定王者(当時)ユニエル・ドルティコス(キューバ)と防衛戦を行う予定だったが、スパーリング中に右目を負傷。手術を要したことでキャンセル。先日、WBAクルーザー級“レギュラー”王座を返上。ドルティコスがレギュラー王者に昇格した。

L・ヘビー級王座V5、ホプキンスとの統一戦に敗れる

 2004年アテネ五輪のカザフスタン代表からプロ入りしたシュメノフは10年1月、ガブリエル・カンピーリョ(スペイン)との再戦に勝ってWBA・L・ヘビー級王者に就いた。5度防衛し“スーパー”王者にも昇格。しかし14年4月、IBF王者バーナード・ホプキンス(米)との統一戦で判定負けし無冠となった。

 以後、試合数が少なくなったが、15年7月、BJ・フローレス(米)に勝ち、WBAクルーザー級暫定王座獲得。その後、昨年5月、ジュニア・アンソニー・ライト(米)を決定戦でストップして同級正規王者に就いた。最終戦はライト戦で、17勝11KO2敗の戦績を残した。

右目が失明の危険

 担当ドクターは右目の角膜が侵食され、失明の危険のあると警告している。職業上、網膜はく離をわずらった可能性もある。ラスベガス在住のシュメノフは今後も家族と同地で暮らすもようだ。



2017年6月27日火曜日

リゴンドウvsフローレス正式に無効試合に変更

 今月17日ラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターで挙行された王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)vs同級1位(暫定王者)モイセス・フローレス(メキシコ)のWBA世界S・バンタム級“スーパー”王座タイトルマッチの裁定がリゴンドウの初回KO勝ちからノーコンテスト(無効試合)に変更された。26日(日本時間27日)試合を管轄したNSAC(ネバダ州アスレチック・コミッション)が会合を開き、満場一致で決定した。

 NSACは試合の映像と音声を検証。リゴンドウがフローレスをノックダウンした左パンチは明らかにラウンド終了ゴング後に放たれたもの、という結論に達した。またリゴンドウが失格負けにならなかったのは「パンチは意識的に放ったものではなく、攻防の流れの中で繰り出したもの」という担当レフェリー、ビック・ドラクリッチの証言を重視したと説明している。

 そしてNSACのエグゼクティブ・ディレクター、ボブ・バーネットは試合直後、リゴンドウのKO勝ちがアナウンスされたことに関して「(試合を中継した)HBOの制作スタッフの一人が『リゴンドウのパンチはゴング前に決まった』と語ったことが理由だったと明かした。不測の事態にWBAは両陣営に再戦を通達するもようだ。Photo/SUMIO YAMADA



2017年6月26日月曜日

パーカーvsヒューリー、9.23英国にリセット

 WBO世界ヘビー級チャンピオンのジョセフ・パーカー(ニュージーランド)陣営は、延期されていた指名挑戦者ヒューイ・ヒューリー(英)との試合を9月23日、ヒューリーの地元、マンチェスター・アリーナで行うと発表した。

 パーカーは5月、元ヘビー級統一王者タイソン・ヒューリーのいとこヒューイと指名試合を行うことが決まっていたが、試合2週間前にヒューリーが背中を負傷したとして試合をキャンセル。パーカーは急きょスパーリングパートナーだったラズバン・コジャヌ(ルーマニア)と対戦し、判定勝ちで初防衛を成功させた。

 ヒューリーのけがが発覚した当初、ヒューリー陣営が最初からニュージーランドでの試合を渋っていたため、パーカー陣営は不信感を募らせていた。しかし、今回の試合決定を受けてパーカーは「イギリスでファイトできることを楽しみにしている」とコメントしている。

 5月の試合を流したヒューリー(20勝10KO無敗)は7月8日、ロンドンのカッパーボックス・アリーナでチューンアップ・ファイトが決定している。すべてはヒューリー陣営の思惑通りといった印象だが、英国初登場のパーカー(23勝18KO無敗)が、敵地で王者のプライドを見せることができるだろうか。



2017年6月26日月曜日

ドネアが赤穂亮とスパー、4R最後は激しく打ち合う

  元世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)が26日、横浜市の横浜光ジムで所属の日本バンタム級チャンピオン、赤穂亮と4ラウンドのスパーリングを行った。

 ドネアは昨年11月、ジェシー・マグダレノ(米)に敗れてWBO世界S・バンタム級王座を失い無冠となった。今のところ次戦は決まっていないが「いつ試合が来てもいいように練習している」とのことで、今回もプライベートでの短期来日にもかかわらず、2015年にフィリピンでともに1か月ほど練習をした赤穂とのスパーリングが実現した。

スパー後は赤穂に熱血指導

 マグダレノ戦後は「頼まれてパートナーを1回やっただけ」と実戦練習から離れていたと言いながら、そこはさすがのドネア。初回に左フックを叩き込むと、徐々にピッチを上げ、最終ラウンドは赤穂と激しい打撃戦。赤穂のパンチをもらうシーンもあったが、アッパーで赤穂に鼻血を出させてスパーを終えた。その後はグローブをミットに持ち替え、赤穂に熱血指導を行った。

 今後はフェザー級、S・バンタム級で世界王座奪還を目指す予定。S・バンタム級はWBAの久保隼(真正)、IBFの小國以載(角海老宝石)と2人の世界王者がいるが、ドネアは「だれとやりたいというより、チャンピオンという肩書きのある選手とやりたい」と語り、だれにでも挑戦の意思があることをアピールした。

 一方、「自分のアイドルはドネアだけ」と公言してはばからない赤穂は「2ラウンドから上げてきてガチでやってきたので強かった。(自分が)バランスを崩したときのリターンが本当に速い。練習になりました。幸せですね」と5階級制覇王者とのスパーで大いに刺激を受けた様子だ。

 次戦は8月5日、後楽園ホールにランク1位の齊藤裕太(花形)を迎えての初防衛戦が決まっているが、最終目標は言うまでもなく3度目の世界挑戦だ。ドネアから打ったあとのバランス、フックを打つ前のクセを指摘された赤穂は「3度目の正直に向かっていくだけ」と気持ちを新たにしていた。



Page 2 of 1,93312345