近大が21年ぶり関西学生制覇、芦屋大の4連覇阻む

 アマチュアの第72回関西学生ボクシングリーグ戦最終第6週は24日、大阪・吹田市の関西大学ボクシング...
>>続きを読む

ローマンがベルチェルト挑戦へ、テイラー世界へ前進

■WBC・S・フェザー級1位のミゲール・ローマン(メキシコ)は23日(日本時間24日)、地元のシウダ...
>>続きを読む

日大が拓大を6-3で撃破 アマ関東大学リーグ戦

 アマチュアの第71回関東大学ボクシングリーグ戦は23日後楽園ホールで第4週の1、2部各3試合が行わ...
>>続きを読む

ベルチェルトがバロスに圧勝 WBC・S・フェザー級V3

 23日(日本時間24日)メキシコ・ユカタン半島のメリダで挙行されたWBC世界S・フェザー級タイトル...
>>続きを読む

近大が21年ぶり関西学生制覇、芦屋大の4連覇阻む
ローマンがベルチェルト挑戦へ、テイラー世界へ前進
日大が拓大を6-3で撃破 アマ関東大学リーグ戦
ベルチェルトがバロスに圧勝 WBC・S・フェザー級V3

2018年6月18日月曜日

伊藤雅雪「黙らせてやろうかな」米国世界奪取に意欲

 WBO世界S・フェザー級王座決定戦に出場する同級1位の伊藤雅雪(伴流)が18日、都内で記者会見し、同2位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)との一戦に向けて決意表明をした。試合は7月28日(日本時間29日)、米フロリダ州キシミーでゴングとなる。

 バスケットボールから18歳でボクシングに転向し「27、28歳くらいで世界挑戦できるといいな」と考えていたという伊藤が27歳で世界初挑戦。記者会見でマイクを握ると「ベルトを獲ってくるのは当たり前だけど、それ以上にワクワクしている」と顔を紅潮させた。

 持ち前の運動能力の高さとディフェンス力を武器にデビューから連勝。しかし、15年2月に日本同級王者、内藤律樹(E&Jカシアス)に初黒星を喫した。以降、試合後ごとに米ロサンゼルスで合宿を張り、現WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)らとスパーリングを重ね、海外リングへの意識を高めた。

 対戦相手のディアスは23勝15KO無敗。戦績が示すように左右のフックをふりまわし「派手なボクシングをする」タイプ。伊藤(23勝12KO1敗1分)は持ち味のアウトボクシングに磨きをかけながら、ここ数試合は手数を増やして攻撃的なスタイルへのシフトを試みている。

ディアスは「派手なボクシングをする」タイプ

「遠い距離がダメなら近い距離、近い距離がダメなら遠い距離。距離を違いを出していきたい」。苦手な接近戦の克服にも積極的に取り組んだ。

 今月末までは、世界挑戦経験のある近藤明広(一力)らとスパーリングを積み、7月にはロサンゼルス入り、そのままフロリダに乗り込む予定。プエルトリカンが多い敵地に乗り込む伊藤は「逆に黙らせてやろうかなと思っています」と目を輝かせた。

 試合の模様はESPNで全米に生中継される。日本ではWOWOWエキサイトマッチで29日午前11時から生中継。



2018年6月18日月曜日

ダラキアンが8回TKOで初防衛 WBAフライ級戦

 WBA世界フライ級タイトルマッチが17日(日本時間18日)、ウクライナのキエフで行われ、王者アルテム・ダラキアン(ウクライナ)が挑戦者1位ヨドモンコン・ウォーセンテップ(タイ)に8回2分54秒TKO勝ち。初防衛に成功した。

 ダラキアンは2月、元2団体統一王者ブライアン・ビロリア(米)との王座決定戦を制して獲得した王座の凱旋防衛戦。ダラキアンは5、7、8回にダウンを奪って勝利。無敗レコードを17勝12KOに伸ばした。

 WBAフライ級暫定王者として13年に江藤光喜(白井・具志堅)、14年に粉川拓也(宮田)に勝利しているヨドモンコンは50勝35KO4敗。14年のフアン・カルロス・レベコ(亜)戦に続き正規王座獲得に失敗した。

 フライ級はダラキアンの対抗王者に木村翔(青木=WBO)が君臨。WBC王者は比嘉大吾(白井・具志堅S)を下したクリストファー・ロサレス(ニカラグア)で、IBFは現在空位。WBA2位に黒田雅之(川崎新田)、WBO1位に田中恒成(畑中)がつけている。



2018年6月17日日曜日

岩佐が2度目の防衛戦 8.16“鬼門のサウスポー”と

 IBF世界S・バンタム級チャンピオン、岩佐亮佑(セレス・28歳)の2度目となる王座防衛戦が8月16日、東京・後楽園ホールで1位TJ・ドヘニー(アイルランド・31歳)を相手に行われることが決まり、17日発表された。岩佐にとって初の指名防衛戦。

 ドヘニーはこれまで19戦全勝14KO負け知らずのサウスポーのファイター型。アイルランド生まれだが、プロになってからの大半をオーストラリアで行っている。

 ドヘニーは岩佐のこれまで27戦中の2敗(25勝16KO)の相手がそうだったように「鬼門のサウスポー」(本人)だが、小林昭司会長(元世界王者セレス小林)は「2敗は山中(慎介)選手、ハスキンス選手と特別な相手、私は岩佐がサウスポーを苦手にしているとは思わない」と言う。

小林会長「サウスポーは苦手ではない」

 岩佐自身は「自分のボクシングをしてこの一番の壁を乗り越えれば自信になると思います」と前向きにとらえている。

 試合の発表記者会見は、同じ柏市内に移転したばかりの新ジムにメディアを招いて催された。旧ジムと比べて広く、何よりリングがセレスジムを興して15年の小林会長は「新ジムで新たな伝説を作ってほしい」と愛弟子に期待する。

 岩佐も「前のジムで僕は一からボクシングを始めて世界チャンピオンになった。このジムで新しい伝説を作れるよう集中するだけです」と心機一転を期していた。

岩佐「山中さんのような防衛ロードを」

 最近は専門家についてフィジカル面の強化に取り組み成果を上げているチャンピオン。また対戦歴もあり尊敬しているという山中慎介さんと会食の機会があり、ためになる話をたっぷりと聞いたという。「山中さんは偉大なチャンピオン。あのような防衛ロードを歩めるよう、僕は目ざします」と約束した。

 25日から奄美大島で走り込み中心のキャンプ・トレーニングを予定している。



2018年6月17日日曜日

元王者ミハレスが引退試合 バスケスJrにKO負け

 日本で戴冠し、S・フライ級統一王者に君臨したクリスチャン・ミハレス(メキシコ=36)が16日(日本時間17日)地元ドゥランゴ州ゴメスパラシオで現役引退試合に臨んだ。結果は2世ボクサー、ウィルフレド・バスケスJr(プエルトリコ)に3回KO負け。有終の美を飾ることはできなかった。

 サウスポーのミハレスが2回、左でバスケスのバランスを崩させるなど優勢だった。しかし3回、バスケスが左右で反撃に転じ、ロープへ詰まったミハレスに強烈な右を見舞うとメキシカンは自軍コーナー付近にダウン。激しく鼻血を流しカウントアウトされた。意外な結末に満員の会場は静まり返った。

 15歳でプロ入り、21年のプロ生活にピリオドを打ったミハレスは06年9月、川嶋勝重に判定勝ちでWBC・S・フライ級暫定王座獲得。翌年1月の川嶋との再戦から正規チャンピオンになり、同国人のホルヘ・アルセや菊井徹平(花形)らを下して防衛回数を伸ばした。08年5月アレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)を下してWBA王座を吸収した。

ミハレス 川嶋勝重から初世界王座奪う

 しかし同年11月、IBF王者ビック・ダルチニアン(豪)との3冠統一戦でKO負け。以後バンタム級王座を目指したがネオマル・セルメーニョ(ベネズエラ)に連敗とキャリの底を体験した。

 その後フェザー級で14年3月、レオ・サンタクルス(メキシコ=米)に挑戦するも失敗。最後の世界戦となった。しかし以後10連勝と復調。近年はWBCのS・フェザー級上位にランクされ、挑戦の機会を狙っていた。59勝27KO9敗2分。



2018年6月17日日曜日

アコスタ最終回TKO勝ち ブイトラゴ5度目も実らず

 16日(日本時間17日)プエルトリコ・サンファンのコリセオ・デ・プエルトリコで行われたWBO世界L・フライ級タイトルマッチは、王者アンヘル“ティト”アコスタ(プエルトリコ)が挑戦者カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)に最終12ラウンドTKO勝ち。昨年12月、決定戦で獲得した王座のV1に成功した。

 試合はアコスタが前半から挑戦者をコーナー、ロープへ追い込んでリード。しかし6回から手数が減少した王者にこれが暫定王座を含め5度目の世界挑戦となるブイトラゴが食い下がり、7回から10回までブイトラゴはリング中央で応戦し食い下がる。

 しかし、パワーで勝るアコスタは打ち合いで優位に立ち最終回へ。ここで連打でニカラグア人を追い詰めるとルイス・パボン主審がストップをかけた。TKOタイムは1分43秒。

 意外にもラウンドを重ねたものの最後はパンチャーぶりを発揮したアコスタは18勝18KO1敗。ブイトラゴは30勝17KO4敗1分。昨年末のIBFミニマム級王者、京口紘人(ワタナベ)戦に次ぐ連敗で、今回がL・フライ級では初の世界戦だった。

 



Page 5 of 2,20434567