京口は19歳パラスと無敗対決 IBFミニマム級V2戦

 5月20日のダブル世界戦(東京・大田区総合体育館)に出場するIBF世界ミニマム級チャンピオン京口紘...
>>続きを読む

35歳の小野心 涙の日本ミニマム級王座獲得

 千里馬神戸ジム主催の「第55回ペガサスファイト」は22日、神戸市の神戸芸術センターで開かれ、メイン...
>>続きを読む

前世界王者の福原が再起戦飾る 高橋悠に3-0判定

 22日福岡県春日市のクローバープラザで行われた三松スポーツジムの興行、「第23回ドリームファイトシ...
>>続きを読む

丸田陽七太が快勝 世界見すえレベルアップ誓う

 森岡ジム主催の「第5回アートオブボクシング」は22日、兵庫県川西市市民体育館で開かれ、メインの56...
>>続きを読む

京口は19歳パラスと無敗対決 IBFミニマム級V2戦
35歳の小野心 涙の日本ミニマム級王座獲得
前世界王者の福原が再起戦飾る 高橋悠に3-0判定
丸田陽七太が快勝 世界見すえレベルアップ誓う

2018年4月15日日曜日

村田諒太が今晩V1戦 日本vsイタリアの歴史

 横浜アリーナで15日ゴングとなるWBA世界ミドル級タイトルマッチは、王者の村田諒太(帝拳)にエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)が挑む。ここで日本とイタリアの対決の歴史を振り返ると─。

 日本とイタリアの世界戦対決は過去に6試合ある。1967年4月、世界ジュニア・ウェルター級王者サンドロ・ロポポロに藤猛が挑み、2回KO勝ちしたのが最初で、2011年にWBC世界S・フェザー級王者だった粟生隆寛(帝拳)が小差で防衛を果たしたデビス・ボスキエロ戦が最新となる。開催地はすべて日本で、いずれも日本人選手が勝利している。

 6試合のうち3試合が世界ジュニア・ミドル級チャンピオンだった輪島功一だ。ローマ五輪銀メダリストのカルメロ・ボッシを“かえる跳び”で幻惑し、殊勲のタイトル奪取をはたしたのは伝説の一戦である。

◇日本vsイタリア世界タイトルマッチ

1967年4月30日 蔵前国技館 J・ウェルター級
藤猛[KO2分33秒]サンドロ・ロポポロ
藤が王座奪取

1971年10月31日 日大講堂 J・ミドル級
輪島功一[15回判定]カルメロ・ボッシ
輪島が王座奪取

1972年5月7日 福岡スポーツセンター J・ミドル級
輪島功一[KO1回1分49秒]ドメニコ・チベリア
輪島が初防衛

1973年8月14日 札幌真駒内スケート場 J・ミドル級
輪島功一[KO12回終了]シルベノ・ベルチニ
輪島がV4

2000年8月1月10日 大阪府立体育館 WBCバンタム級
長谷川穂積[12回判定]シモーネ・マルドロット
長谷川がV5達成

2011年11月6日 代々木第二体育館 WBC・S・フェザー級
粟生隆寛[12回判定]デビス・ボスキエロ
粟生がV2 

 世界戦以外に目を向けると、1968年6月に帝拳ジムの元日本ミドル級チャンピオン、赤坂義昭がローマにに乗り込み、WBA・WBCミドル級王者ニノ・ベンベヌチとノンタイトル戦を行っている。

 結果は赤坂の2回KO負けだったが、ベンベヌチは1960年のローマ五輪金メダリストでプロでも2階級制覇を達成した殿堂入りボクサーだけに、日本vsイタリアの歴史を語る上では忘れてはならない一戦だろう。

 1989年4月にイタリアのバストで行われたWBAジュニア・ウェルター級タイトルマッチ、王者フアン・マルチン・コッジvs平仲明信の一戦もあげておこう。コッジはアルゼンチン人だが、イタリアの血を引いていたためイタリアでの開催となった。結果は平仲が2度のダウンを奪いながら不運な判定負け。

 現在のイタリアのプロボクシングは決して活況を呈しているとは言えない状況のようだ。現在は世界王者がゼロ。ブランダムラとともに来日したプロモーターのクリスチャン・ケルキ氏は「ブランダムラが返上したため欧州王者もいない。今回の試合はイタリアにとって非常に重要な試合。メディアも注目している」と村田撃破でイタリアボクシング再興のきっかけにしたいと考えている。

 ちなみにイタリアはアマチュアは伝統的に強く、オリンピックでのメダル獲得数は金15、銀15、銅17。日本の金2、銅3に比べて圧倒的に多い。直近の16年リオデジャネイロ大会ではメダルなしに終わったが、12年ロンドン大会では銀2つ、08年北京大会では金1、銀1を獲得している。



2018年4月15日日曜日

比嘉が増量10ポンド以内クリア ファンには謝罪

 前日計量に失格しWBC世界フライ級王座をはく奪された前チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅S)が15日午前8時からJBCで当日計量を行い、54.7キロを計測。タイトルマッチ出場の条件とされたフライ級リミットから10ポンド(4.5キロ)以内の増量に収めた。

 比嘉陣営は試合に出場する意向で、きょう会場で行われるドクターチェックで健康的に問題がなければ開催される見通し。その場合、試合は体重をつくった同級2位のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)が勝てば新チャンピオンになるが、比嘉は勝っても王座に就けない変則タイトルマッチとして行われる。

 具志堅用高会長、野木丈司トレーナーに付き添われて計量を終えた比嘉は神妙な表情で語った。

「世界チャンピオンであるにも関わらず計量オーバーしてしまってすみませんでした。一番、ロサレス陣営に申し訳ないのと、体重をオーバーしても試合をOKしてくれたロサレス陣営に本当に感謝したいです。それとボクシングファンと、試合を組んでくれたプロモーション側に謝りたいです。すみませんでした」

 具志堅会長は計量に立ち会ったロサレス陣営に「本当に申し訳ありませんでした」とあらためて謝罪。これをロサレス側も受け入れた。



2018年4月15日日曜日

久田哲也が辛勝V3 久高寛之は初の日本王座獲得

 日本ダブルタイトルマッチは14日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第二競技場で開かれ、L・フライ級はチャンピオン、久田哲也(33=ハラダ)が指名挑戦者の板垣幸司(34=広島三栄)を2-1の判定で下して3度目の防衛。S・フライ級王座決定戦は同級2位、久高寛之(34=仲里)が同級2位、翁長吾央(37=大橋)との打ち合いを制して2-0の判定で初の王座に就いた。

◇日本L・フライ級タイトルマッチ10回戦
久田哲也(ハラダ)[2-1(96-95、97-94、94-96)]板垣幸司(広島三栄)

 WBA1位をはじめ世界主要4団体の上位ランカーの久田は相変わらずのスロースターターぶり。ジャブが少なく、足を使って動き回る板垣をなかなかとらえきれない。

 陣営からボディからの攻めの指示が飛ぶが、板垣の動きを止めることができないまま前半が進み、5回終了時の公開採点は三者三様でまったくの互角。勝負は後半に持ち越されたが、7回、バッティングで久田の左目上が大きく腫れた。

 後退しながらもワンツーをコツコツヒットする板垣を追い回しながら、決定的なパンチを欠く久田。最後まで久田は気迫の連打を発揮できず仕舞だったが、攻勢が加味されたジャッジでかろうじて防衛、連続KOは8でストップした。

 板垣は最後までフットワークを駆使して、久田の攻撃を寸断したが、攻め込んだラウンドが少なかった印象。広島三栄ジムは元日本S・フライ級、中広大悟以来10年ぶりの日本王者目指したが実らなかった。久田は31勝19KO9敗2分、板垣は18勝7KO12敗3分。

◇日本S・フライ級王座決定10回戦
久高寛之(仲里)[2-0(95-95、97-95、97-94)]翁長吾央(大橋)

 翁長と久高は昨年12月11日、後楽園ホールで当時王者の船井龍一(ワタナベ)がターゲットの挑戦者決定戦を戦ったが、バッティングで3回に負傷ドローに終わり、4ヵ月ぶりの再戦。船井が1月に王座を返上したため王座をかけてベテラン2人による争いとなった。

 開始から翁長が左ストレートを上下に打ち込み、3回にはワンツーからの連打で久高を守勢に回らせた。4、5回は久高が攻勢に転じて、右のストレート、フックをヒット。5回終了時の公開採点は50-46で1人が翁長、48-47、49-47で2人が久高を支持した。

 後半は久高がピッチを上げた。6回はロープを背負わせ連打、7回は2度スリップダウンと認定されたが、ボディアッパーで翁長を弱らせた。しかし、勝負を捨てない翁長は体ごとぶつけるような左ストレートで攻め込んで9回を支配した。しかし、ショートパンチを集めた久高が打ち勝って念願の日本タイトルを手にした。 久高は26勝11KO17敗2分。翁長は28勝19KO4敗4分。



2018年4月14日土曜日

比嘉大吾の王座はく奪 V3戦で痛恨の計量失格

 WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅S)が14日、あす15日に控えた3度目の防衛戦の計量に失格。王座をはく奪された。日本ボクシングコミッションによると、日本人選手が世界タイトルマッチで計量失格になるのは初めてのこと。

 ホテルグランドパレスに激震が走った。2日前からかなり減量がきつそうに見えた比嘉は午後1時10分に秤に乗ってリミットを900グラム超過の51.7キロ。午前中の仮計量でもオーバーは900グラム。まったく落ちていなかったことから、2時間の猶予を与えられてもかなり厳しいと予想された。

 報道陣が不安な表情を浮かべる中、午後2時40分、JBCの安河内剛・本部事務局長が比嘉の計量失格と王座はく奪を報告。比嘉は現れず、具志堅用高会長が「あっちゃいけないことになった。みなさん、ファンには大変申し訳ありません。(努力はしたが)本人は汗がひとつも出ません」と頭を下げた。

 比嘉陣営と挑戦者のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)陣営が関係者をまじえて協議し、あすの試合は行う方向で合意。比嘉は15日朝8時の時点でリミットの10ポンド(4.5キロ)超の122ポンド以内が義務付けられた。これが守られない場合、試合は行われない。また、比嘉のコンディションによっても中止になる可能性があるという。

 試合が行われた場合、ロサレスが勝利すればタイトル獲得となる。比嘉の勝利、引き分けだと王座は空位のまま。比嘉がKO勝ちすれば、デビューから16連続KO勝利となり、連続KOの日本記録更新となるが、素直に歓迎できない事態となってしまった。

 減量失敗の要因は、筋肉量の増加や試合間隔が2カ月半しかなかったことなどが考えられるが、はっきりしたことは分かっていない。

 ロサレスは「これは私たちにとってチャンス。(試合時に体重差があったとしても)リスクだとは思っていない。私は順調に回復して力強い。できればあすは試合をしたい」とコメントした。



2018年4月14日土曜日

村田諒太あす初防衛戦「邪念おさえてリングに」

 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)があす15日、横浜アリーナで挑戦者6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)と初防衛戦を行う。前日計量で村田はリミットの72.5キロをマーク。笑顔であすの試合に進んだ。

 減量を終えた村田は食事をあとまわしにして、すっぽんのスープを飲んだだけで報道陣の前に姿を現した。スープを飲んで汗ばんだ表情はいきいきしており、「あとは食べて、休んで、食べて、休んでの繰り返しです」とコメントした。

 計量ではブランダムラとフェイスオフ、そしてがっちり握手も交わした。「いい体をしていた。ただフレームは僕のほうがでかい」とはブランダムラを見ての感想。すべては想定の範囲内だ。

 有利が予想される状況に「やっぱり焦らないこと。倒したいという邪念をおさえて試合に臨めるかどうか」と試合のポイントを口にした村田。前日にボブ・アラム氏が口にした「年内に東京ドームでゴロフキンと対戦」については「できたらいいですね」と答えた。

 試合の模様はフジテレビ系列で15日午後19時57分から22時に全国放送される。

ホープ中谷が初の世界ランカー戦

 前座にはデビューから14連勝のホープ、日本フライ級4位の中谷潤人(M.T)が登場。113ポンド契約10回戦でWBC世界同級13位マリオ・アンドラーデ(メキシコ=13勝3KO6敗5分)と対戦する。サウスポー中谷は初の世界ランカー。計量は両者ともに50.7キロ。

 昨年の全日本新人王、こちらは7戦全KO勝利の小田翔夢(白井・具志堅S)はフィリピン・ライト級王者ロルダン・アルデア(12勝6KO4敗1分)と136ポンド契約6回戦を行う。



Page 7 of 2,16256789