WBAが村田諒太とエンダムの入札期日を指定

 WBAは27日(日本時間28日)、ミドル級正規王者アッサン・エンダム(仏=カメルーン、写真右)と1...
>>続きを読む

村田諒太がパッキャオ戦予想「波乱もありうる」

  7月2日(日本時間1日)、オーストラリアのブリスベンで世界的スーパースター、WBO世界...
>>続きを読む

井上尚弥に挑戦のニエベス語る、村田諒太TV情報

■9月9日(日本時間10日)米西海岸でWBO世界S・フライ級チャンピオン井上尚弥(大橋=写真左)に挑...
>>続きを読む

9.9米国デビューの井上尚弥、世界4位とスパー開始

 WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が27日、横浜市内のジムで、9月9日(日本時間...
>>続きを読む

WBAが村田諒太とエンダムの入札期日を指定
村田諒太がパッキャオ戦予想「波乱もありうる」
井上尚弥に挑戦のニエベス語る、村田諒太TV情報
9.9米国デビューの井上尚弥、世界4位とスパー開始

2017年6月21日水曜日

OPBF5月度ランキング、マクドネルvsソリスⅡ入札

■OPBFが5月度ランキングを発表。日本勢はS・フライ級の木村隼人(ワタナベ)が13位、S・フェザー級の小谷将寿(琉球)が9位、高畑里望(ドリーム)が10位、S・ライト級の八光池田竜司(六島)が13位に入った。L・フライ級は拳四朗(BMB)が世界王者になって王座が空位に。フライ級は中山佳祐(ワタナベ)が王者リチャード・クラベラス(比)に勝利し、フェザー級は王者の竹中良(三迫)がノ・サミュング(韓)に敗れたが、これらの王者交代は今回のランキングにはまだ反映されていない。S・ライト級は王座が空位となった。

■WBAはバンタム級“レギュラー”王者ジェイミー・マクドネル(英)と3位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)の再戦の入札を7月3日に行うと発表した。両者は昨年11月モンテカルロで対戦し、マクドネルが3-0判定勝ち(116-112、115-113、117-111)で5度目の防衛に成功したが、ソリス陣営がこれを不服としてWBAに提訴。WBAは内容を検証した上で1月、両陣営に再戦の指示を出した。しかし期限までに交渉はまとまらず、入札の日時が指定された。



2017年6月21日水曜日

7.29マイキーvsブローナー LAでプレゼン

 7月29日ニューヨークのバークレイズ・センターで行われるS・ライト級12回戦、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)vs元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)のプレゼンテーションが前日のニューヨークに引き続き、20日(日本時間21日)ロサンゼルスのダウンタウンで開催された。以下は両者のコメント。

ガルシア「エイドリアン・ブローナーとの試合が締結し、すばらしい気持ちです。私はビッグファイトにチャレンジします。これは年間最高試合になると信じています。我々がリングに上がれば、彼は誰と対戦するか痛感するでしょう。試合当日バークレイズ・センターはホットな場所になるでしょう。どうかお見逃しなく」

ブローナー「(賭け率がガルシアの勝利を予想する)5-1。クソー!これは私がステップアップするための試合。今回は勤勉に努力して臨みたい。私は悪い男だと評判だけど、7月29日、勝利を収める。そしてパーティーを楽しみたい」

 イベントはPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)シリーズ。この日はガルシアのトレーナーで実兄のロバート・ガルシア、ブローナーのマイケル・スタフォード・トレーナーも出席し、コメントした。Photo/SHOWTIME



2017年6月20日火曜日

亀海喜寛がジムワーク再開、8.26大物コット撃破へ

 8月26日に米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでプエルトリコのスター、ミゲール・コットとWBO世界S・ウェルター級王座決定戦を争う同級5位の亀海喜寛(帝拳)が20日、都内のジムでジムワークを再開した。

 亀海は先月30日、コット戦の発表記者会見に出席するため渡米。現地でコットとフェイスオフをしたあとも現地に滞在し、ルディ・エルナンデス・トレーナーの指導のもと、トレーニングに励んだ。ゴールデンボーイプロモーションズの興行も観戦し、充実した日々を過ごて9日に帰国。すぐに故郷の札幌にわたって走り込みのトレーニングを敢行し、この日、約3週間ぶりに帝拳ジムに戻ってきた。

 コットとの記者会見の感想を尋ねると「特に気持ちが高まるというわけではなかった。札幌出身ということで、現地の記者にビール工場で働いていたのか?と聞かれたくらいです」と淡々としたもの。海外で8戦(3勝3敗2分)しているだけに、現地メディアの取材にも気おくれはまったくない。

 今後はコンビを組む田中繊大トレーナーとコット対策を練りながらトレーニングを重ね、7月から本格的なスパーリングに取り組む予定だ。



2017年6月20日火曜日

三浦隆司が今度もエバーラスト、7.15世界王座奪還へ

 7月15日(日本時間16日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムでWBC世界S・フェザー級王者ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)に挑む元王者の三浦隆司(帝拳)は、本番まで1ヵ月を切り、いよいよ練習も苛烈さを増してきた。

 20日はスパーリングはなかったが、田中繊大トレーナーとのミット打ち、ヘビーバッグ打ちなど、みっちり3時間のジムワーク。本格的な減量はこれからというものの、表情も精悍になってきた。練習後は「スパーなどでガンガンと追い込む時期で、肉体的にも精神的にも追い込まれますが、いい感じで動けています」と笑顔をのぞかせた。

 世界王座返り咲きをかけた大一番で三浦は、ミゲール・ローマン(メキシコ)戦に続き 、米国エバーラスト社製グローブ「パワーロック」を使いたい意向だ。同グローブはもともと同僚の亀海喜寛に教えてもらったもので、「握りがしっくりとくる」(三浦)と気に入っているのだという。これを初めて着けて臨んだ前戦ではローマンを打ちすえて最終回KOに屠ったのはご存じの通りだ。

「試合が正式決定すれば、時間の経つのがはやい」と三浦。あす今週中には8ラウンズのスパーを予定し、来週には10ラウンズのスパーも希望。打倒ベルチェルトに向けてさらにピッチを上げていく。



2017年6月20日火曜日

リゴンドウ試合結果変更か、ウォード勝利は問題なし

■17日ラスベガスで行われたWBA世界S・バンタム級“スーパー”王座戦の結果が変更される見通し。王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)が指名挑戦者モイセス・フローレス(メキシコ)に初回KO勝ちした試合は、リゴンドウのKOパンチが「明らかにゴング後だった」と、ネバダ州コミッションが映像を検証して確認。近く正式な手続きをへて結果はノーコンテストになる模様。ESPNなどがコミッションに取材して報じたもので、両陣営もこれに納得しているとのこと。WBAは再戦を指示するとみられる。 Photo/SUMIO YAMADA

■一方、ネバダ州コミッションは同日のメインで行われ、L・ヘビー級3団体王者アンドレ・ウォード(米)が前統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)を返り討ちにした試合に関して「問題なし」との見方。リング誌電子版などが伝えている。この試合で8回TKO負けを喫したコバレフ陣営は試合直後、ローブローを主張していたが、トニー・ウィークス主審、コミッションともに「正当なパンチ」と判断。こちらは判定の変更や、再戦指令などの事態に発展することはなさそうだ。



Page 7 of 1,93356789