辰吉寿以輝が7.9復帰戦、試合後に妻が出産予定

 デビュー以来6連勝(4KO)でA級ボクサーに昇格した辰吉寿以輝(20=大阪帝拳)が22日、大阪市内...
>>続きを読む

村田諒太が高視聴率 平均17.8%、最高23.2%

 フジテレビ系列で20、21日に全国放映された「ボクシングフェス2017 SUPER 2 DAYS」...
>>続きを読む

井上尚弥が9月米国進出へ、7月にはキャンプ入り

 WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が試合から一夜明けた22日、横浜市内のジムで記...
>>続きを読む

反則試合で大混乱、ディレル叔父が敗者にパンチ

  現地時間20日、米メリーランド州オークソンヒルで行われたIBF・S・ミドル級暫定王座決...
>>続きを読む

辰吉寿以輝が7.9復帰戦、試合後に妻が出産予定
村田諒太が高視聴率 平均17.8%、最高23.2%
井上尚弥が9月米国進出へ、7月にはキャンプ入り
反則試合で大混乱、ディレル叔父が敗者にパンチ

2017年5月19日金曜日

井上尚弥「次につながる試合を」八重樫東と記者会見

「ボクシングフェス2017 SUPER 2 DAYS」の最終日、21日に有明コロシアムでゴングとなるダブル世界タイトルマッチの記者会見が19日、九段下のホテルグランドパレスで開かれ、大橋ジムの世界王者、WBO・S・フライ級の井上尚弥、IBF・L・フライ級の八重樫東が出席した。

 これが5度目の防衛戦となる井上だが、記者会見では、早くも2位リカルド・ロドリゲス(米)との試合を飛び越えて、秋にアメリカとも言われる“大きな舞台”に話が及んだ。

大橋会長「イノウエ空港の誕生で勢い」

 井上も「まずは日曜日」としながらも「次につながる大事な試合だと思っているので、全力でアピールしたい」とコメント。大橋秀行会長は「明後日の試合が終わってから交渉に入る」と大きな舞台について明言は避けたが、「ホノルルの空港がイノウエ空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)という名前に変わって勢いがついている。この風に乗って世界の井上になってほしい」と場を盛り上げた。

 減量もすでに「リミットに入っている」という王者は「ボクシングの魅力のすべてを伝えるような試合をして最後を飾りたい」。2日間で名古屋を含めて6つの世界タイトルマッチが国内で開催される中、その大トリをしっかり締める決意だ。

 サングラス姿で登場にロドリゲスは「井上のようなグレートなチャンピオンと試合ができるのは楽しみ。必ず世界チャンピオンになる」と力強く勝利宣言した。

八重樫「ふたを開けてみないとわからない」

 3階級制覇王者の八重樫はこれがIBF王座3度目の防衛戦で、世界タイトルマッチはキャリアを通じて通算13試合目となるが、暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)との一戦には危機感を募らせている。この日も「ふたを開けてみないとわらかない・いろいろなプランを用意してきた。ベストの選択をしたい」と慎重に語った。

 白熱試合が期待される中、八重樫は「僕は勝ったり、負けたりのキャリア。見ているファンの方々には、立ち上がる姿、落ちてもまだいけるんだぞという姿を見てほしいと思う」とも話した。

 日本で王座奪取に燃えるメリンドは「八重樫のファイトスタイルは変わらないと思うし、私も自分のスタイルを持っている。私のような戦術的なファイターに、彼がどう戦うのか楽しみだ」と宣戦布告した。



2017年5月19日金曜日

ラッセルvsエスカンドン最終会見、WBCフェザー級

 20日(日本時間21日)米メリーランド州オークソンヒルのMGMナショナル・ハーバーで行われるWBC世界フェザー級タイトルマッチをメインとするイベントの最終記者会見が18日開催され、出場する選手たちが抱負を語った。フェザー級戦の王者ゲーリー・ラッセル(米)、挑戦者で暫定王者のオスカル・エスカンドン(コロンビア)のコメントは以下のとおり。

ラッセル「フィジカル、メンタルとも最高の状態に仕上がった。この試合の後、統一戦に臨みたい。彼(エスカンドン)はタフな選手でフィジカルがとても強い。でも打ち勝つ準備はできている」

 メリーランドが地元のラッセルは2人の弟も同日リングに上がる。

エスカンドン「体がヘルシーになり強さを感じる。最新試合はアンダードッグだったけど私は予想を覆した。この一戦でも同じことをする。グリーンが好きな色なのでWBCベルトを絶対に獲ってみせる。世界王座をコロンビアへもたらす」

 この試合に備えてロバート・ゲレロの父ルーベン・ゲレロとコンビを組み、ラスベガス近郊の山地でキャンプを実行した。

ウスカテギとディレルでIBF・S・ミドル級暫定戦

 セミ格ではIBF世界S・ミドル級王者ジェームス・デゲール(英)が負傷でブランクをつくることから1位ホセ・ウスカテギ(ベネズエラ)、3位アンドレ・ディレル(米)が暫定王座決定戦を行う。

ウスカテギ「トップランカーの責任を感じる。リングで私のパワーとスキルを証明する。ディレルに勝ち、デゲール、ヒルベルト・ラミレスと戦いたい」

ディレル「リングで自分の能力を披露する。キャリアがうまく運ばないこともあったけど、私はジムワークを欠かさなかった。ウスカテギは世界王者になれる選手だが、スキルは私にかなわない」

 トリプル戦のひとつとして元2階級制覇王者ランセス・バルテレミー(キューバ)がキリル・レリク(ベラルーシ)とWBA・S・ライト級挑戦者決定戦を行う。Photos:Tom Casino/SHOWTIME



2017年5月18日木曜日

あす女子世界MF級決定戦、江畑佳代子vs塙英理加

  後楽園ホールであす19日にゴングとなる「DANGAN-LADIES vol.5」の計量が18日行われ、メインのWBO女子世界ミニ・フライ級王座決定10回戦は、江畑佳代子(ワタナベ)と塙英理加(UNITED)がともに47.5キロでリミットの47.6キロをクリアした。

 前チャンピオン、池原シーサー久美子が引退して空位となった王座を、ベテランの江畑と新鋭の塙が争う。41歳の江畑(9勝6KO7敗=IBF女子同級11位)は実に6度目の世界タイトルマッチ。26歳の塙(7勝2KO無敗=OPBFアトム級1位)は初の世界戦となる。

 アンダーカードには、デビューから3連勝でOPBF女子フライ級王座を獲得した元トップアマ、チャオズ箕輪(ワタナベ)が出場。ソーンサワン・サラカーンジム(タイ)とフライ級6回戦を行う。

 また、現役女子高生ボクサーとして話題を呼び、こちらもデビューから3連勝の小村楓香(グリーンツダ)は武藤美希子(角海老宝石)とミニ・フライ級4回戦。イベントは女子のみの全8試合。



2017年5月18日木曜日

ベルチェルトvs三浦隆司、7.15フォーラムで挙行

 WBC世界S・フェザー級王者ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)vs挑戦者1位三浦隆司(帝拳)のタイトルマッチが7月15日(日本時間16日)、ロサンゼルス近郊イングルウッドのザ・フォーラムで挙行されることに決まった。主催のゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)がメディアに通達した。

 ベルチェルト(31勝28KO1敗)と三浦(31勝24KO3敗2分)はさる1月にGBPが米カリフォルニア州インディオで行ったイベントに出場。ベルチェルトはフランシスコ・バルガス(メキシ コ)に11回KO勝ちで王座奪取。三浦はミゲール・ローマン(メキシコ)に最終12回KO勝ちで指名挑戦者に名乗り上げた。

 当初このカードは6月にも開催といわれたが、試合を全米に放映するHBOは日程を調整し、この日に落ち着いた。バルガスに王座を譲った元王者三浦に対し、ベルチェルトは初防衛戦になる。

内山に連勝のコラレスも登場

 同じリングでWBA同級“スーパー”王者ジェスレル・コラレス(パナマ)がロビンソン・カステジャノス(メキシコ)を相手に防衛戦を行う。日本で内山高志(ワタナベ)を衝撃の2回KOで破りベルトを強奪したコラレス(21勝8KO無敗)は再戦も接戦を制してこの試合がV1となる。

 その後リングから離れる期間があったが、今年に入りGBPとサイン。このV2戦が米国リング初陣となる。相手のカステジャノス(24勝14KO12敗)はしぶとい叩き上げの選手。今月5日、元王者ユリオルキス・ガンボア(キューバ)に番狂わせのTKO勝ちを飾り、このチャンスをつかんだ。

 同じ興行では、L・ヘビー級の上位ランカー同士、バーナード・ホプキンス(米)の最終戦の相手を務めたジョー・スミスJr(米=23勝19KO1敗)vsサリバン・バレラ(キューバ=19勝14KO1敗)の10回戦も予定されている。



2017年5月18日木曜日

比嘉大吾&拳四朗、両挑戦者は圧勝奪取誓う

  18日、東京・九段下のホテルグランドパレスではWBCフライ級&L・フライ級戦の会見も行われ、無敗挑戦者の比嘉大吾(白井・具志堅S)と拳四朗(BMB)が決意表明した。

「(挑戦は)素直にうれしいです。具志堅会長に憧れてボクシングを始め、いまこうして世界の舞台に立てていることを感謝します」

――WBC世界フライ級王者フアン・エルナンデス(メキシコ)に挑戦する比嘉は本番が明後日に迫り、この日あらためて感謝の念を言葉にした。

比嘉「捕まえられないとチャンピオンになれない」

 フットワーク、スイッチを駆使するテクニシャンタイプのエルナンデスに対し、身上の攻撃的ボクシングを貫く覚悟だ。「捕まえられないとチャンピオンになれない」と挑戦者は強い決意を語った。

 エルナンデスもそれは承知で「賢く戦いたい」と言う。チャンピオンとしての 立場を強調するエルナンデスだけに、比嘉の真価が問われる。 「アマで実績もない自分をジムに入れてくれた。会長にはタイトルを獲って感謝を伝えたい」と比嘉。「とても重要な試合だ。タイでKOで奪ったタイトル、これは必ずメキシコに持って帰る」とエルナンデス。互いに必勝宣言で、会見を締めくくった。

 一方、WBC世界L・フライ級王座に初挑戦する拳四朗(BMB)はこの日もマイペース。「緊張は特にしてません」と言いつつ「当日は気合いを入れて絶対に勝ちます」と宣言した。続けて「いつも通り、僕のボクシングをして圧勝する」と予告するのだから、大胆な挑戦者だ。

拳四朗はマイペース

 この拳四朗の挑戦を受けるチャンピオン、ガニガン・ロペス(メキシコ)も自信満々。前回の来日時 は挑戦者の立場だったが、王者になって再登場して「世界チャンピオンがどういうものかを見せたい」と言ったものだ。「世界チャンピオンとしてメキシコに帰る」と王者の貫禄を漂わせた。



Page 7 of 1,90356789