ロドリゲスvsマロニー、あす井上尚弥の相手決定

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準々決勝、IBF世界同級タイトルマッ...
>>続きを読む

村田諒太「絶対に倒す!」あすラスベガスV2戦

 あす20日(日本時間21日)に迫ったWBAミドル級タイトルマッチの計量がラスベガスのパークシアター...
>>続きを読む

井上尚弥と準決勝で対戦、ロドリゲスvsマロニー会見

  ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準々決勝兼IBF同級タイ...
>>続きを読む

村田は勝てば来春ゴロフキン戦も、アラム氏示唆

 20日(日本時間21日)にラスベガスのパークシアターで挙行されるWBAミドル級タイトルマッチの会見...
>>続きを読む

ロドリゲスvsマロニー、あす井上尚弥の相手決定
村田諒太「絶対に倒す!」あすラスベガスV2戦
井上尚弥と準決勝で対戦、ロドリゲスvsマロニー会見
村田は勝てば来春ゴロフキン戦も、アラム氏示唆

2018年10月11日木曜日

村田諒太は自然体強調「結果としてKOになればいい」

 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)が11日、都内のジムで練習を公開した。村田は20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで同級2位ロブ・ブラント(米)との指名防衛戦に臨む。

 海外で初の世界タイトルマッチを迎える村田は「家族からも、周りからもピリピリすることが最近なくなったと言われる」というように、この日はリラックスムード。「(昨年の)エンダムⅡのプレッシャーがすごかった。その経験が生きている」と余裕を持って答えた。

 帝拳の浜田剛史代表からは、KO指令が出ているが、村田は「そういう練習をしてきたけど、狙ってできるかといえばそう簡単じゃない。その気持ちがマイナスに左右することもある。結果としてKOになればいい」と自然体を強調。その上で「この指名試合をクリアすれば、アメリカでの知名度も上がると思う」との見通しも口にした。

 田中繊大トレーナーは、対戦相手のブラントについて「スピードもあるし、手数も出る。待っていれば調子に乗る」と評価しながらも「村田の固いガードでプレッシャーをかければ、力は出せないと思う」と分析。村田も「やるべきことをやったので、あろはそれをやるだけ。頭の中は整理されている」と迷いはないようだ。

 試合を日本国内でライブ配信するDAZNで解説を務める元WBC世界バンタム級王者の山中慎介氏は「村田はこれまでにもラスベガスで試合をしているし、内容のよくない試合があった。経験を生かせるタタイプなので、アピールできると思う」とエールを送った。



2018年10月11日木曜日

またも日本バンタム級王座に災難…暫定王座設置へ

 12月20日後楽園ホールで予定されていた日本バンタム級タイトルマッチが中止となった。王者の齊藤裕太(花形)が潰瘍性大腸炎となり、ドクターストップがかかったもの。

 これにより、チャンピオンカーニバルの規定に基づき、同じ興行にセットされていた最強挑戦者決定戦、木村隼人(ワタナベ)vs高野誠三(真正)が暫定王座決定戦に昇格した。

 日本バンタム級王座は今年に入ってトラブル続きだ。1月に王者の赤穂亮(横浜光)が減量に失敗して1位鈴木悠介(三迫)との防衛戦が中止に。赤穂が王座を返上して村中優(フラッシュ赤羽)との決定戦が組まれたが、今度は鈴木のけがで試合はキャンセル。

 これを受けて村中と齊藤の決定戦が6月にセットされたものの、村中が減量に失敗してこれも中止。最終的に8月に仕切り直された決定戦で、齊藤が菊池永太(真正)を下して王座不在にピリオドを打った。

 その齊藤が病に侵されてしまうのだからやはりバンタム級はのろわれているのか…。木村と高野の一戦が無事に行われるのを願うばかりだ。



2018年10月11日木曜日

Gツダの矢田、奥本、那須 12.9トリプルタイトル戦

 グリーンツダジムは10日、大阪市東成区のジムで12月9日にエディオンアリーナ大阪第2競技場で日本タイトルマッチ2試合と日本ユース王座決定戦のトリプルタイトルマッチを開催すると発表した。

 ジム所属の日本ウエルター級王者、矢田良太(29)は同級7位、藤中周作(31=金子)と2度目の防衛戦、日本S・フライ級王者、奥本貴之(26)は初防衛戦で同級9位、橋詰将義(24=井岡)迎え撃つ。

 また、2016年西日本フライ級新人王の那須亮祐(22)は同年の中日本新人王、中村祐斗(22=市野)と日本ユースS・フライ級王座決定8回戦を戦う。

 8月に地元の大阪・枚方市で開催された初防衛戦を7回TKOでクリアした矢田は「初回にダウンを奪いながら、パンチを狙い過ぎ、僕としてはしょっぱい試合でした。今度は必ずぶっ倒してみせます」と強打をみせつける構え。

 対戦相手の藤中の印象を「フィジカルが強く、好戦的なパンチの強い選手」と語り、「井上尚弥王者には及びませんが、早い踏み込みで1回から倒しにいきます。藤中選手はぼくと同じ男前なので、ムキムキ男前対決を制します」と自信あふれた口ぶり。矢田は17勝14KO4敗。日本王座初挑戦の藤中は16勝11KO9敗2分。

 初防衛に臨む奥本は「チャンピオンになって一皮むけたと思ってもらえる試合をしてKOで勝つ」ときっぱり。奥本と同じサウスポーの橋詰は14年の全日本同級新人王。順調に勝ち星を伸ばし、16勝10KO1分と無敗の井岡ジム期待のホープだ。

 奥本とはこれまでスパーリングを重ねているが、奥本は「スパーリングと試合は違うので、やりにくいとは思っていない。負けたことがある選手が強いことを証明する」と意気込みを語った。奥本は21勝10KO8敗3分。

 9勝2KO3敗2分の那須は「今年初めにフィリピンで負けましたが、この後、本石会長にチャンスをいただいた。ジャブを生かした戦いをします」と必勝を誓った。中村は8勝7KO5のハードパンチャーだ。



2018年10月10日水曜日

東日本新人王決勝で北星学園余市高の存続アピール

 11月4日後楽園ホールで開催される「第75回東日本新人王決勝」の発表記者会見が10日、東京・水道橋の後楽園飯店で開かれた。フライ級決勝に出場する太田憲人(ワタナベ)は、廃校のピンチに立たされている北星学園余市高の存続を訴えた。

 新人王の記者会見で太田が異例の決意表明を行った。「廃校の危機に立たされている母校の存続運動をしています。優勝して存続をアピールすると校長と約束しました」。

 北海道余市町にある北星学園余市高は高校中退者や不登校経験者らを全国から受け入れる高校として知られる。卒業生の義家弘介氏が教師となり、母校に赴任して奮戦する話が『ヤンキー母校に帰る』というタイトルでテレビドラマ化されて有名になった。

 しかし、近年は少子化の影響もあり、生徒数が減少。これ以上少なくなると廃校という危険水域での学校運営が続いている。

 29歳の太田は都内の高校に進学したものの、素行の悪さで停学処分を食らい、単位も足りずに進級が困難になったことをきっかけに同校に入学。3年間の寮生活を通して「いろいろな(過去を抱えた)人がいて、人を色眼鏡で見ないこと、自己主張をすることを学んだ」という。

 高校卒業後は推薦で明治学院大に進学。就職して太ったのを機にダイエットでボクシングをはじめ、16年4月にプロデビュー。ここまでの戦績は4勝1KO無敗だ。

 対戦相手の荒川竜平(中野サイトウ)は5勝2KO2敗1分で東日本決勝は昨年に続いて2度目。今年こそはと燃えているだけに簡単な相手ではないだろう。それでも母校の名前をトランクスに入れる太田は「なんとか存続できるようアピールしていきたい」と優勝を誓った。

 ■東日本新人王決勝戦カード

◇ミニマム級5回戦
岡田真虎(JB SPORTS=24)4勝2KO2敗1分
柴沼智樹(KG大和=31)7勝2KO3敗

◇L・フライ級4回戦
亀山大輝(ワタナベ=22)5勝2KO2敗1分
河野勇太(SRS=25)3勝4敗1分

◇フライ級5回戦
太田憲人(ワタナベ=29)4勝1KO
荒川竜平(中野ワイトウ=29)5勝2KO2敗1分

◇S・フライ級4回戦
若木忍(北海道畠山=32)2勝2KO1敗1分
碇瑠偉(厚木ワタナベ)4勝2分

◇バンタム級4回戦
ビバリー塚田(ワタナベ=30)3勝2KO1敗2分 石川春樹(RK蒲田=19)5勝5KO

◇S・バンタム級4回戦
三尾谷昂希(帝拳=21)4勝1敗1分
小川将太(UNITED=21)1勝1KO1敗1分

◇フェザー級5回戦
峯田光(帝拳=22)4勝2KO
中村由樹(輪島功一S=20)4勝3KO1敗

◇S・フェザー級5回戦
鯉渕健(横浜光=22)4勝3KO1敗
関島優作(KG大和)6勝4KO1敗

◇ライト級5回戦
山本祥吾(ワタナベ=26)4勝1KO2敗
橘ジョージ(協栄=23)5勝1KO3敗

◇S・ライト級4回戦
遠藤健太(帝拳=34)2勝1KO
星大翔(角海老宝石=20)2勝2KO1敗1分

◇ウェルター級4回戦
辻本純兵(帝拳=24)2勝1KO1敗3分
西川宏次郎(八王子中屋=30)4勝1KO

◇ミドル級4回戦
ワチュク・ナァツ(マーベラス=21)2勝1KO1分
石田智裕(協栄=22)1勝2分



2018年10月10日水曜日

亀田和毅がWBC暫定王座決定戦 11.12後楽園ホール

 WBC世界S・バンタム級2位の亀田和毅(協栄)が11月12日、後楽園ホールで同級1位のアビゲイル・メディナ(スペイン)とWBC同級暫定王座決定戦を行うことが決まった。元WBOバンタム級王者の和毅はこの試合に2階級制覇をかける。協栄ジムが10日、都内で会見を開いて発表した。

 暫定王座決定戦は、正規王者レイ・バルガス(メキシコ)が肩を負傷し、長期戦線離脱が見込まれるためWBCが承認した。バルガスのけがが回復すれば、この試合の勝者との対戦が義務付けられる。いまのところバルガスの復帰時期は不明。

 和毅の世界タイトルマッチは15年9月、3度防衛したWBO王座を返上してWBA王者ジェイミー・マクドネル(英)に挑戦して敗れて以来となる。

 およそ3年ぶりとなる世界戦を迎える和毅は「モチベーションを維持するのが難しくなっているときにチャンスがきた。チャンスがあればものにできるという自信はある」と抱負を口にした。

 メディナはドミニカ共和国生まれ、スペイン・バルセロナ在住の30歳。戦績は19勝10KO3敗2分の右ボクサーファイターで、現在は同級ヨーロッパ王座を保持している。

 和毅はメディナを「パンチがあるなという印象」と評価。その上で「いまできることをやれば相手はもたんと思う。自分からプレッシャーをかけて、得意のスピードと、いま(フィジカルトレーニングで)ついているパワーで倒せると思う」と力強く語った。

 会見に同席した兄の興毅は「ここで2階級制覇を達成すれば、亀田家が日本で大復活できる。亀田家ここにありという試合に期待している」と亀田家復活をアピールした。なお、現時点でテレビ放映、ネット配信については交渉中とのこと。



Page 8 of 2,284678910