February
28
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 井上尚弥がチャリティーイベント参加 タパレスとの4団体統一戦、階級アップを語る

井上尚弥がチャリティーイベント参加 タパレスとの4団体統一戦、階級アップを語る

2023年9月21日 20時16分

 S・バンタム級WBC&WBO王者の井上尚弥(大橋)が21日、自らがアンバサダーを務める高級時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」が主催するチャリティーイベントに参加した。

井上と子どもたちがボクシングを楽しんだ

 都内で開催されたイベントは、井上が子どもたちにボクシング・レッスンを施した後、参加者たちがパンチ力を一人ずつ測定。参加者の合計と井上のパンチ力の合計が1000㎏を超え、ウブロから200万円が一般財団法人ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーションに寄付されることになった。

 トークイベントで井上は、小学生から「どうやったら世界一になれるか」との質問を受けて、「これをやれば世界一になれるという方法はない」と頭を抱えつつ、「大事なのはそのことを好きになること。続けることが大事で、そのためには好きにならないといけない」と哲学を語った。

 一方で腕時計が数少ない趣味の一つであり、試合で結果を出すと自分へのご褒美として腕時計をよく買うのだと明かした。

 7月にS・バンタム級2団体王座を獲得し、12月には対抗王者マーロン・タパレス(フィリピン)との4団体統一戦が有力で、井上は「交渉はうまく進んでいると聞いている。タパレス戦に向けてトレーニングしている」と明かした。

 また、井上は「また一つ階級を上げるのが自分にとっての挑戦」と階級アップに言及した。「キャリア後半に入って、自分が挑戦できるところは何となく見えてきている。やれてあと一つなのかな。こうして言葉にすることも大事なのかなと思う」と将来の階級アップを見据えた。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了