March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 女子フェザー級比類なき王者セラノ あす3分12回戦で防衛戦

女子フェザー級比類なき王者セラノ あす3分12回戦で防衛戦

2023年10月27日 11時48分

 女子ボクシング第一人者の一人、フェザー級4団体統一チャンピオン、アマンダ・セラノ(プエルトリコ=米)が明日27日(日本時間28日)、米フロリダ州オーランドでダニラ・ラモス(ブラジル=アルゼンチン)を相手に防衛戦を行う。26日行われた計量でセラノは125.7ポンド(57.02キロ)、ラモスは124.6ポンド(56.52キロ)をマークし、リミット126ポンドに合格した。

“ザ・リアルディール”(本物)と呼ばれるセラノ(45勝30KO2敗1分)はS・フライ級からS・ライト級まで7階級を制覇した実績がある。22年4月、ケイティ・テイラー(アイルランド)のライト級4団体統一王座に挑み2-1判定負け。その後フェザー級に戻り、4団体統一に成功。明日はその2度目の防衛戦となる。

 試合は男子の世界戦と同じ1ラウンド3分12回戦制で行われる。争われる王座はWBA、IBF、WBOの3つで、WBCは安全性を考慮してタイトル戦と承認していない。

 相手のラモス(12勝1KO2敗)はアルゼンチン在住のブラジル人。8月に獲得したWBO暫定チャンピオンとして強敵セラノに挑む。

 プロモーターはユーチューバー・ボクサー、ジェイク・ポールが代表を務めるモースト・バリアブル・プロモーションズ。DAZNが中継する。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了