May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > S・フライ級新旧強豪対決 エストラーダとロドリゲス 6.29フェニックス正式発表 

S・フライ級新旧強豪対決 エストラーダとロドリゲス 6.29フェニックス正式発表 

2024年3月30日 11時36分

 WBC・S・フライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とフライ級2団体統一王者ジェシー・ロドリゲス(米)が6月29日、米フェニックスのフットポイント・センターで対戦する。主催のマッチルームボクシングが発表した。

 元フライ級統一王者で、現在はS・フライ級を牽引するエストラーダ(33=44勝28KO3敗)は22年12月、元4階級制覇王者ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)との第3戦を制して以来のリングとなる。この間、現WBA同級王者の井岡一翔(志成)との対戦交渉が持たれたが、話はまとまらなかった。

 軽量級きってのタレントと言われるロドリゲス(24=19勝12KO)はWBC・S・フライ級で世界王座を獲得したあと、クラスを下げてフライ級を制して2階級制覇を達成。23年12月、サニー・エドワーズ(英)との王者対決に勝利し、WBO&IBF2団体統一に成功した。

 エストラーダは「チョコラティートに勝利したあと、家族と子どもたちと過ごし、傷も癒やして有意義な休息を取ることができた。ロドリゲスは危険なファイターだが、6月にはよりエキサイティングな“ガジョ”が明らかになることだろう」とコメント。

 ゴンサレスは「レジェンドであるガジョとの対戦は、私の待ち望んでいた試合であり、私は実力を証明する準備ができている」と意気込みを語った。試合はエストラーダにゴンサレスが挑戦する形だ。

 ブックメーカー、パディパワーの出しているオッズは、ロドリゲスの勝利が1.4倍、エストラーダの勝利が2.87倍。若いロドリゲスの有利を予想している。 

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了