July
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 日大OBの今村和寛が5年ぶり勝利、近大OB浅井大貴に2回TKO勝ち

日大OBの今村和寛が5年ぶり勝利、近大OB浅井大貴に2回TKO勝ち

2024年5月11日 21時38分

 アポロジム主催の「APOLLO KO LIVE」は11日、大阪市淀川区民センターで開かれ、メインのS・フェザー級8回戦は、近大OBの浅井大貴(34=アポロ)が日大OBの今村和寛(31=本田フィットネス)と対戦した。

5年ぶりに勝利した今村

 浅井が開始早々プレスをかけて攻め込んだが、今村は動きを見て、左ストレートをヒット。浅井はロープに飛ばされてダウン。足元がもつれた浅井はクリンチでピンチを逃れようとするも、左フックを受けて交錯、両者が倒れた。ここは浅井がなんとかゴングまで持ちこたえた。

 2回は今村がKOを狙って攻め込むも、浅井も必死の反撃。右フックでダウンを奪い返し、会場はヒートアップ。接近戦で打ち合う2人。今村の右フックが浅井の顔面をとらえ、浅井が倒れると、主審は試合を止めた。

 19年にプロ入りした今村はデビュー2連勝を飾ったが、20年11月には辰吉寿以輝(大阪帝拳)と2回にバッティングで負傷ドロー。21年12月には現世界王者の武居由樹(大橋)の3戦目に対戦して1回TKO負け。

 22年6月には台湾人選手との試合で左目上を負傷して3回終了TKO負け、23年6月には21年全日本S・バンタム級新人王の平野岬(三松スポーツ)に判定負けと、いまひとつ活躍できなかっただけに、5年ぶりの勝利に拳を突き上げた。今村は3勝2KO3敗1分、敗れた浅井は3勝3KO3敗。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了