March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

9°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > ロハス、モンテスを一蹴 WBC・S・フライ級戦

ロハス、モンテスを一蹴 WBC・S・フライ級戦

2011年5月22日 21時05分


 WBC世界S・フライ級チャンピオン、トマス“グサノ”ロハス(メキシコ)と1位フアン・ホセ“グーフィー”モンテス(メキシコ)のタイトル戦が21日夜メキシコ・チアパス州トゥクストラグティエレスで行われ、ロハスが11回終了TKO勝ちで、2度目の防衛に成功した。
 決定戦で河野洋平、V1戦で名城信男を下したロハス。21歳のモンテスはメキシコ軽量級期待の若手。しかしWBCユース王者を向こうに回し、サウスポー、ロハスは技巧とスピードで圧倒。接近戦でも優勢に進めるなどワンサイドに試合をコントロールする。打たれても抵抗するモンテスだが、王者のボディーワーク、カバーリングの前に的中率は低い。そのままコンスタントにコンビネーションをヒットするロハスが10,11ラウンドと追い込むと、モンテスはダウンを拒否するのがやっと。11回が終わった時点で挑戦者のセコンドがギブアップを申し出た。
 指名挑戦者を撃退したロハスは、モンテスをエスコートしたIBFチャンピオン、クリスチャン・ミハレスとの統一戦を熱望している。36勝24KO12敗1分。モンテスは19勝12KO2敗。
 写真はモンテスを攻め立てるロハス =PHOTO/SUMIO YAMADA=

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了