February
28
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > 注目H級対決 スタイバーン、ワイルダーがMGM入り

注目H級対決 スタイバーン、ワイルダーがMGM入り

2015年1月14日 16時35分

 17日(日本時間18日)WBC世界ヘビー級タイトルをかけて対決する王者バーメイン・スタイバーン(ハイチ=カナダ)、指名挑戦者デオンタイ・ワイルダー(米)、セミで防衛戦を行うIBF世界S・バンタム級王者レオ・サンタクルス(メキシコ)、挑戦者ヘスス・ルイス(メキシコ)らが13日、会場のラスベガスMGMグランドに到着した。

王者スタイバーンはドン・キングとMGM入り

 プロモーターのドン・キング氏とレッドカーペットを踏んだスタイバーンは「デオンタイ・ワイルダーに対して特別な感情はない。もっとも重要なのは私の世界タイトルを守ることだ。すべての舌戦に意味はない。これはファイトで、ボクシングで、それだけが真実だ。私は試合に集中している」とコメント。

アメリカの期待を背負うワイルダー

 対するワイルダーは「自分の内部に野獣の性格が宿っている。準備は万全。ヘビー級の繁栄を戻してみせる。一度相手をノックアウトしたら、自分の前に次の相手が現れる。彼は必ず倒れる。私は彼をひどく痛めつける」と返した。

こちらはサンタクルス(左)とルイス

“リターン・トゥ・グローリー”のキャッチフレーズがつけられたイベントは現地時間の明日14日に公開練習、15日に記者会見、16日計量というスケジュールになっている。Photos/SHOWTIME

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了