May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > ロマチェンコ有利予想、今週末マルティネスに挑戦

ロマチェンコ有利予想、今週末マルティネスに挑戦

2016年6月10日 12時17分

  11日(日本時間12日)米ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでゴングとなるイベントの最終記者会見が9日現地で開かれ、メインのWBO世界S・フェザー級タイトルマッチに出場する王者ローマン“ロッキー”マルティネス(プエルトリコ)と2階級制覇を狙う挑戦者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が意気込みを語った。

2階級制覇を目指すロマチェンコ(右)と王者マルティネス

 マルティネス(29勝17KO2敗3分)はこれが2度目の防衛戦。今回はプロ7戦目で2階級制覇を目指すロマチェンコの引き立て役になりかねない状況だが、プエルトリコの強者は「もしお前が私に勝ちたいのなら、私を殺さなければならない」と生きるか死ぬかの争いを強調した。ちなみに英ブックメーカー、ウイリアムヒルの出した掛け率はロマチェンコの勝利が1.07倍、マルティネスの勝利が8.00倍と、挑戦者の圧倒的有利につけている。

 一方のロマチェンコは「私はファイトマネーから30万ドル(約3300万円)出す準備がある」と発言してマルティネスを挑発した。ロマチェンコは今春、交渉が難航していたニコラス・ウォータース(ジャマイカ)をリングに引きずり出すために「私に勝ったら30万ドル支払う」と話しており、今回の発言はこれを受けてのもの。

 会見にはアンダーカードに出場するライト級のスター候補、WBO同級2位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ=21勝14KO無敗)と対戦相手フアン・ホセ・マルティネス(メキシコ=25勝17KO2敗)、五輪2大会金メダリストの鄒市明(ゾウ・シミン=中国)らも出席した。Photo/TopRank

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了