March
01
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > スタンプが練習公開「パンチ力は井岡より上」

スタンプが練習公開「パンチ力は井岡より上」

2016年12月28日 16時47分

 31日、島津アリーナ京都(京都府立体育館)のダブル世界戦でWBA世界フライ級王者、井岡一翔(27=井岡)に挑戦する同級1位(暫定王者)スタンプ・キャットニワット(18=タイ)が28日、大阪市浪速区の井岡ジムで練習を公開した。

18歳の挑戦者スタンプ(左)とデンカオセーン

 元WBA世界フライ級王者のデンカオセーン・カオウィチットをトレーナーに従えて来日したスタンプは「KOしなければ勝てないと思っている。井岡の印象はとくにないが、パンチ力で上回っているので、ビッグパンチで倒したい。警戒したいのはアッパーだ」とパワーの差をアピールした。

 デンカオセーンは「まだ、経験が少ない選手だが、強いパンチをいかす試合をさせたい。強烈なパンチを発揮すれば、KOで勝てると確信している」と愛弟子を後押し。ただし「日本人選手7人と戦ってきた経験から、とにかく油断しないことだ。僕が戦ってきた相手より、井岡は強いと思っている」と気持ちを引き締めることも忘れなかった。

 この日の練習は、シャドー3ラウンド、ミット打ち3ラウンド、デンカオセーンとのマスボクシング1ラウンド。体重はあと1キロだそうだが、汗はかかず、減量にやや苦しんでいるようにも見えた。

 練習を視察した井岡一法会長は「拳が固そうな選手だ。右を振り回してくるので、接近戦は油断できない。足は使えないタイプなので、きっちりボクシングすれば、大丈夫」と見通しを示した。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了