June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > 12.19岡田博喜がWBOアジア戦、今野裕介は再起戦

12.19岡田博喜がWBOアジア戦、今野裕介は再起戦

2017年10月31日 18時24分

 前日本S・ライト級チャンピオンの岡田博喜(角海老宝石=写真)が12月19日、後楽園ホールで開催の「SLUGFEST.2」でWBOアジアパシフィック(AP)同級王座決定戦。WBOウェルター級8位につけるジェイソン・パガラ(比)と空位の王座を争う。

 日本タイトルを6度防衛後に返上した岡田(16勝11KO無敗=WBO・AP3位)は現在、世界ランキングでWBC14位、IBF9位、WBO7位に入っており、世界挑戦に向けて大きな一歩を踏み出したいところ。初来日のパガラ(WBO・AP1位)は40勝25KO2敗1分と豊富なキャリアが自慢だ。現王者の近藤明広(一力)は11月4日、ニューヨークでIBF世界同級王座決定戦に出場する。

 セミでは日本フライ級10位の阪下優友(角海老宝石)が青山功(セレス)と51.5キロ契約8回戦。日本S・ライト級4位の今野裕介(角海老宝石)も出場し、麻生興一(三迫)と激闘の末に敗れた6月の日本タイトルマッチ以来のリングに上がる。対戦相手は日本ウェルター級8位の丸木和也(天熊丸木)。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了