July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > テラサス、ミハレスに辛勝 WBC世界S・バンタム級王座決定戦

テラサス、ミハレスに辛勝 WBC世界S・バンタム級王座決定戦

2013年4月21日 18時20分

 
激闘を演じるテラサス(左)とミハレス

 メキシコシティのニュー・アレナ・メヒコで20日夜(日本時間21日)挙行されたWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦はランキング1位のビクトル・テラサス(メキシコ)が2位で元WBC、IBF世界S・フライ級王者クリスチャン・ミハレス(メキシコ)に2-1判定勝ち。前王者アブネル・マレスが返上したベルトを引き継いだ。

 予想が拮抗していたように、前半はラウンドごとにペースが入れ替わるシーソーゲーム。上体を小刻みに動かしながらプレスをかけるミハレスに、キャリア40戦目で初めて世界戦の舞台に立ったテラサスは左ジャブからオーソドックスな攻撃を披露する。

 

両目尻が腫れたミハレス(31)だが、8ラウンドを皮切りに気迫あふれるアタックを敢行。押され気味のテラサス(30)は左目に続き、右マブタもカット。最終回、猛攻を仕掛けたミハレスの右カウンターでテラサスはダウン。勝利を決定づけたように思われた。

 しかし公式スコアは114-113(ミハレス)、114-113(テラサス)、115-112(テラサス)と意外な数字でテラサスが支持された。

 
ベルトにキスするテラサス
Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了