March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 王者の京口紘人 リーチで劣るも余裕の表情 
11.3 WBA・L・フライ級スーパー王座戦予備検診

王者の京口紘人 リーチで劣るも余裕の表情 
11.3 WBA・L・フライ級スーパー王座戦予備検診

2020年11月1日 14時31分

 新型コロナ禍の中、国内で初めて行われるWBA世界L・フライ級スーパー王座タイトルマッチ12回戦(11.3大阪市・インテックス大阪5号館A)の予備検診が1日午前、会場近くのホテルハイアットリージェンシー大阪で行われた。

検診を受ける京口(中)と見守るタノンサック

 3度目の防衛に臨む同級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)、タイから来日後、2週間の隔離期間を過ごし、初の世界戦に挑む同級10位タノムサック・シムシー(タイ)はともに異常はなく、コンディションは上々。

 京口は「試合直前というわけではないけど、なんとなく緊張している感じ。タノンサックはリーチが長いんですね。でも上の階級の選手とスパーをやってきたので。特に気になる材料ではありません」と余裕の表情。

 タノンサックは「ちょっと緊張している。チャンピオンは緊張していない感じに見えた。体を見ても強そう。リーチが上回ったところを生かして戦いたい。14日間の隔離期間はきつかったが、その後はジムでリラックスして練習できている。調子はいい」と語り、日本の寒さには「もっと寒い去年12月にも日本で試合をしているから」と問題にはしていなかった。

     京口   タノンサック
身 長  162㎝    160.8㎝
頸 周  37.8㎝    34㎝
胸 囲  89.5㎝    80㎝
リーチ  161㎝    167㎝
視力  左0.8右1.0   左1.2右1.5
拳   左25㎝右26㎝ 左26㎝、右27㎝

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了