February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > recommend > S・フライ級王座初防衛の中谷潤人、今後は「体と相談しながら…」

S・フライ級王座初防衛の中谷潤人、今後は「体と相談しながら…」

2023年9月19日 16時03分

 WBO世界S・フライ級王座の初防衛に成功した中谷潤人(M.T)が19日、都内のホテルで会見を行い、前夜のアルヒ・コルテス(メキシコ)とのタイトルマッチを振り返った。

WBOベルトを肩に笑顔のチャンピオン中谷

 3度ダウンを奪って大差をつける危なげない試合だっただけに、きれいな顔をした中谷は「筋肉痛がある程度」といい、試合後もフルラウンド戦った心地よい疲れからゆっくり眠ったという。

 コルテスをKO寸前に追い詰めたボディショットは、中谷と陣営が「当たるものと練習してきた」パンチの1つ。「めり込むようなパンチで感触はありませんでした」と中谷は解説したが、ただでさえ長い距離を詰めるのに苦労する中谷の挑戦者は上下への打ち分けにも対応しないといけないから大変である。

 今後については「S・フライ級で統一したい気持ちと、減量もきつくなってきているので。また体と相談しながら……」とした。中谷の望むWBC王者フアン・エストラーダ(メキシコ)らとの統一戦が叶わないようなら、早期のバンタム級転向も示唆した。チャンピオンは1週間ほど休んでから動き出すつもりだ。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了