February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Home > recommend > 井上尚弥の新パートナーにメキシカン2人 12.26タパレス戦に備え ソンブレロかぶり気合い

井上尚弥の新パートナーにメキシカン2人 12.26タパレス戦に備え ソンブレロかぶり気合い

2023年11月20日 18時10分

 12月26日、有明アリーナで世界S・バンタム級4団体王座統一戦に臨むWBC・WBOチャンピオン井上尚弥(大橋)。WBA・IBFチャンピオンのマーロン・タパレス(比)との決戦に備え、メキシコから新たに2人のスパーリング・パートナーを招聘した。20日、大橋ジムが明らかにした。

来日した新パートナーのクルス㊧とレイジェス(大橋ジム提供)

 今回来日したのは、ホセ・サラス・レイジェス(21歳)とクリスチャン・クルス(26歳)。S・バンタム級のレイジェスは14勝10KOのサウスポーで、今年7月のクロフォード-スペンス戦前座でアストン・パリクテ(比)に4回TKO勝ちした無敗ホープ。スピーディーなコンビネーションが得意という。

 フェザー級のクルスは元IBF同級王者のクリストバル・クルスの息子。スイッチを駆使するタイプとのことで、現IBF王者ルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)のスパーリング・パートナーを務めた経験もある。プロ戦績は21勝11KO6敗1分。

 2人は20日、井上と早速スパーリング。見守った大橋秀行会長は「素晴らしい出来です」と想像以上に手応えを感じ、興奮気味だった。

 井上は今月中旬まではエリック・ロブレス、ホセ・アンヘル・ガルシアの2人をパートナーに実戦練習を重ねてきた。メキシカンを相手にタパレス戦に備えている。

新パートナーからメキシコの民族衣装を贈られた井上(大橋ジム提供)
Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了