February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > 武居由樹が東洋太平洋S・バンタム級タイトル返上 バンタム級で世界目指す

武居由樹が東洋太平洋S・バンタム級タイトル返上 バンタム級で世界目指す

2023年11月28日 18時14分

 デビューから7連続KO勝ちで注目を集める東洋太平洋S・バンタム級チャンピオン、武居由樹(大橋)が同王座を28日付けで返上した。今後はベンタム級で世界を目指す。大橋ジムが発表した。

武居と八重樫トレーナー

 キックボクシングのK-1でチャンピオンだった武居は21年にボクシングに転向。5戦目となった昨年8月、ペテ・アポリナル(フィリピン)を下して東洋太平洋S・バンタム級王者になった。初防衛後の今年7月、S・バンタム級より軽い54キロ契約8回戦を行って勝利した。

 武居は12月26日、S・バンタム級2団体統一王者、井上尚弥(大橋)が4団体統一戦でメインを張る有明アリーナのイベントに出場。54.5キロ契約8回戦でマリオ・ディアス(メキシコ)と対戦する。

 武居の世界ランキングはバンタム級でWBA10位、S・バンタム級でWBC9位、IBF10位、WBO15位となっている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了