March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > 鈴木雅弘が1.20東洋太平洋ライト級王座決定戦 世界ランク1位の岩田翔吉は元IBF王者クアルト戦

鈴木雅弘が1.20東洋太平洋ライト級王座決定戦 世界ランク1位の岩田翔吉は元IBF王者クアルト戦

2023年12月6日 15時18分

 1月20日に後楽園ホールで開催される「WHO’S NEXT DYNAMIC GLOVE on U-NEXT」の主要カードが明らかになった。メインの東洋太平洋ライト級王座決定戦で、元日本S・ライト級王者の鈴木雅弘(角海老宝石)とロルダン・アルデア(フィリピン)と空位の王座を争う。

1.20出陣の岩田(左)と鈴木

 両者は10月にフィリピンで対戦してドロー。ジャッジは1人が116-112でアルデア、2人が114-114というスコアだった。互いに完全決着を目指すダイレクトリマッチは日本に場所を移しての開催。鈴木はキャリア2本目のベルト獲得に挑む。

 L・フライ級の元アジア3冠王者の岩田翔吉(帝拳)は元IBFミニマム級王者レネ・マーク・クアルト(フィリピン)と同級8回戦を行う。WBCとWBOで1位、WBA2位にランクされる岩田にとっては世界前哨戦という位置づけ。クアルトは4月に来日、現IBFミニマム級王者の重岡銀次朗(ワタナベ)との暫定王座決定戦に敗れた。2戦連続で日本での試合となる。

 デビューから8戦(7KO)無敗の日本フェザー級9位、中野幹士(帝拳)はフィリピン同級3位ジェス・レイ・ワミナルと同級8回戦。同じく帝拳のホープ、斉藤麗王は日本S・フェザー級12位の中井龍(角海老宝石)と同級8回戦を行う。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了