March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > 元ヘビー級王者モーラー、英国の人気者ハットン、カルデロン、コラレスら殿堂入り

元ヘビー級王者モーラー、英国の人気者ハットン、カルデロン、コラレスら殿堂入り

2023年12月8日 14時08分

 国際ボクシング名誉の殿堂博物館は7日、2024年の殿堂入りリストを発表。モダーン部門ではマイケル・モーラー、リッキー・ハットン、イバン・カルデロン、ディエゴ・コラレスが選ばれた。表彰セレモニーは来年6月6日から9日にかけて、米ニューヨーク州カナストータで開かれる。

94年11月、フォアマン戦のモーラー(右)

 モーラーは1994年、イベンダー・ホリフィールドを下してWBA&IBFヘビー級王座を獲得。史上初のサウスポー世界王者としてその名を残した。初防衛戦でジョージ・フォアマンに敗れ、45歳9カ月で王座獲得という当時の最年長記録を献上。その後、IBF王座に就き、2度防衛を成功させた。

 ヒットマンの異名を持つイギリスのハットンはS・ライト級でWBA、IBF王者となり、ウェルター級でもWBA王者となった。好戦的なファイトで人気を博し、当代のスタ選手、フロイド・メイウェザーやマニー・パッキャオと対戦した。

左からハットン、コラレス、カルデロン

 プエルトリコのカルデロンはシドニーオリンピック代表からプロに転じ、WBOミニマム級王座を11度、WBO・L・フライ級王座を6度防衛し、軽量級の実力者として活躍した。

 コラレスはS・フェザー級でIBF、WBO王座を獲得、ライト級でWBC&WBO統一王者となった。05年5月、ライト級2団体統一をはたしたWBCホセ・ルイス・カスティージョ戦の大逆転勝利が語り草に。07年5月7日、オートバイを運転中の事故で亡くなった。

 女子モダーン部門は、イギリスのジェーン・カウチ、メキシコのアナ・マリア・トーレス、オールドタイマー部門でヘビー級王者ジャック・デンプシーと対戦したアルゼンチンの英雄、ルイス・アンヘル・フィルポ(故人)が選ばれた。ほかに名トレーナーのケニー・アダムスら複数の関係者が選出されている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了