April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > ゴロフキンがカザフスタンのオリンピック委員会長に選出 現役を続けるかは不透明

ゴロフキンがカザフスタンのオリンピック委員会長に選出 現役を続けるかは不透明

2024年2月27日 12時29分

 元ミドル級3団体統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン=写真)が同国オリンピック委員会の会長に選出された。アスタアナ・タイムスなど同国メディア、米メディアが報じている。

 ゴロフキンは22年4月、来日して村田諒太とWBA&IBFミドル級統一戦を争い9回TKO勝ち。同年9月、S・ミドル級4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に挑戦して敗れ、以来リングから遠ざかっている。

 その後、進退に関しての発言はなく、プロモーターのトム・ロフラー氏は「彼がどのような決断を下そうとも、我々は彼は100%サポートする」とコメントしている。ゴロフキンが国内オリンピック委員会の会長就任を機に、現役アスリートでない道にシフトするのか、同時にリングに上がるのかは分かっていない。

 ゴロフキンは2004年のアテネ五輪に出場して銀メダルを獲得。プロに転じてWBAミドル級王座19度防衛、3団体統一と輝かしい戦績を残した。4月で42歳になる。 

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了