April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > 西田凌佑の世界タイトル戦発表 5.4エディオンアリーナ大阪 IBF王者ロドリゲスに挑戦

西田凌佑の世界タイトル戦発表 5.4エディオンアリーナ大阪 IBF王者ロドリゲスに挑戦

2024年2月27日 17時40分

 IBF世界バンタム級1位の西田凌佑(27=六島)が世界に初挑戦することが決まり、27日大阪市の所属ジムで意気込みを語った。

王者のインタビューが掲載された本誌を手に西田

 チャンピオン、エマヌエル・ロドリゲス(31=プエルトリコ)と5月4日、エディオンアリーナ大阪第一競技場で対戦する。西田は昨年8月、挑戦者決定戦に勝利、プロモーターの亀田興毅・亀田プロモーション代表が約4000万円で興行権を入札し、国内開催を実現した。

 奈良県立王寺工高、近大ボクシング出身の西田は19年プロ入りで8勝1KO無敗。元世界王者の比嘉大吾、世界挑戦経験者の大森将平を破るなど、将来性が注目されてきた。

 ロドリゲスは15年にWBSS準決勝で井上尚弥と戦ったことがあるキャリアの持ち主で22勝13KO2敗1無効試合。昨年8月、井上が返上した王座をメルビン・ロペス(ニカラグア)と争って勝利、4年ぶりに王座に返り咲いた。今回が初防衛戦となる。

 西田は「地元大阪で世界戦を開催してもらい、感謝しています。チャンピオンはスピード、テクニックがあり、カウンターが上手いイメージがあるが、下がらないで、ポイントを取っていきたい」と攻めに活路を見いだす構え。

 すでにスパーリング練習は積んでおり、4月上旬からはフィリピンの若手実力選手を招いて、実戦練習を続ける予定。

■バンタム級世界王者
WBA 井上拓真(大橋)
WBC 中谷潤人(M.T)
IBF エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
WBO ジェーソン・モロニー(豪)

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了