June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > WBO・S・ライト級王者テオフィモ・ロペス 6.29マイアミで防衛戦 R・ラミレス復帰戦も

WBO・S・ライト級王者テオフィモ・ロペス 6.29マイアミで防衛戦 R・ラミレス復帰戦も

2024年5月21日 15時08分

 WBO・S・ライト級王者テオフィモ・ロペス(米=写真)が6月29日、米マイアミで同級10位スティーブ・クラゲット(カナダ)と防衛戦を行う。主催のトップランクが発表した。

 元ライト級統一王者の26歳、ロペス(20勝13KO1敗)は昨年6月、ジョシュ・テイラー(アイルランド)に競り勝ってWBO王座を獲得。今回が2度目の防衛戦となる。34歳のクラゲット(38勝26KO7敗2分)は初のビッグチャンスを手にした。

 S・ライト級は先月、WBC王者デビン・ヘイニー(米)が体重超過のライアン・ガルシア(米)に敗れて話題を呼んだ。ガルシアはドーピング違反も発覚し、ヘイニーは依然、WBC王座を保持してる。

 マッチルームボクシングと契約したIBF王者スブリエル・マティアス(プエルトリコ)は6月15日、地元でリアム・パロ(オーストラリア)とV2戦。WBA王者イサック・クルス(メキシコ)は8月3日、ホセ・バレンスエラ(米)と初防衛戦を行う。

 6月29日のリングには、前WBOフェザー級王者ロベイシー・ラミレス(キューバ)も登場。昨年12月、ラファエル・エスピノサ(メキシコ)に敗れて王座を失ったラミレスはブランドン・ベネティス(メキシコ)と復帰戦を行う。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了