April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 河野「毎日アドレナリンが出ている!」 3.26決定戦

河野「毎日アドレナリンが出ている!」 3.26決定戦

2014年3月20日 17時02分

 3月26日後楽園ホールでWBA世界S・フライ級王座決定戦に挑む同級2位の河野公平(ワタナベ)が20日、五反田のワタナベジムで練習を公開。同級1位デンカオセーン・カオウィチット(タイ)との一番に自信を見せた。

高橋トレーナーとミット打ちに励む河野

 熱いハートで戦う河野が早くも気持ちを高めていた。「やることはすべてやった。早く試合がしたい」。「勝ったら世界チャンピオンだと思うと、毎日アドレナリンが出てくる」。記者会見後に披露した高橋智明トレーナーとのマスボクシングも「思わず熱くなってしまった」と強いパンチを打ち込んでしまい、高橋トレーナーに鼻血を出させてしまった。

 もちろん戦略は冷静に立てている。
「デンカオセーンは3ラウンドまではパンチが強い。後半に失速するけど、老かいでジャッジへのアピールも巧みで、クリンチもうまい。前半倒されないようにして後半に競り勝ちたい」。

 思い描くシナリオを実現するため、タイ人が得意とする右の一発に対してカウンターを打ち込む練習、クリンチのほどきかた、バックステップを使っての外し方に取り組んできた。高橋トレーナーは「かなりできるようになってきた」と自信を見せる。

 12年の大みそかに世界王者となりながら、初防衛戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)に不本意な形で惜敗。あとのない33歳は「絶対に勝ちます!」と繰り返した。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了