June
19
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 向井無念、47秒負傷ドロー WBCフライ級戦

向井無念、47秒負傷ドロー WBCフライ級戦

2011年12月24日 19時57分


 23日、タイ・バンコクでWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に挑んだ15位・向井寛史(六島)は、初回47秒負傷引き分けの結果に終わった。
 プロ7戦目で初の世界タイトルマッチとなった向井だが、開始ゴング早々、偶然のバッティングで右目上をカット。この傷が続行不可能とされ、レフェリーが試合終了を宣したもの。番狂わせに燃えていた向井にとっては何とも悔しい結末となってしまった。向井の戦績は5勝1敗1分。日本のジム所属選手の海外世界挑戦はこれで34戦連続で失敗となった。
一方、第2次王朝のポンサクレックはこれで6度目の防衛。
 同じリングで行われたWBC世界L・フライ級戦は地元のコムパヤック・ポープラムックが王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)を10回KOに下す殊勲。プレッシャーをかけ続けた挑戦者が10回にエルナンデスをダウンさせ、10カウントを聞かせた。タイムは2分31秒。新王者コムパヤックは44勝30KO3敗の戦績。
※写真は試合開始すぐの負傷に顔をゆがめる向井 photo/Sumio Yamada

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了