June
19
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > 山口、敵地で人気 王者サリドとサイン会

山口、敵地で人気 王者サリドとサイン会

2011年7月21日 10時05分


 日本人ボクサーとして初めてWBOタイトルに挑戦する山口賢一(同J・フェザー級14位)が現地時間19日、試合地メキシコのシウダー・オブレゴンに到着。挑むWBO世界フェザー級チャンピオン、オルランド・サリド(メキシコ)と試合PRのサイン会に出席した。
 オブレゴン市内のショッピングセンターで行われたイベント。地元のサリドはもちろん、山口にも子供たちを中心に多数のファンが群がり、人気者となった。 試合は今週土曜日23日夜、同市の多目的使用センターで挙行される。すでにオフィシャル陣もWBOより発表され、レフェリーはロベルト・ラミレス・ジュニア(プエルトリコ)、ジャッジはビクトル・サロモン(メキシコ)、ウィリアム・レーチ(米)、エルナンド・ステイデル(プエルトリコ)の3氏。
 テレビ中継はメキシコ向けがTVアステカ、米国ではFOXデポルテスが流す予定。=PHOTO/BOXING SCENE=

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了