April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 元王者中広、地元広島で約2年ぶり白星

元王者中広、地元広島で約2年ぶり白星

2011年6月14日 3時27分

 元日本S・フライ級チャンピオン(現同級6位)の中広大悟(広島三栄)は12日県立広島産業会館で行われた8回戦で、タイのチャンピオン、スリヤー・チューワッタナ()に3-0判定勝ちした。これは中広にとり、1年半ぶりに上がった地元広島のリングで、白星は約2年ぶり。ノックダウンはなし。
 中広(29)はこれで22勝8KO4敗1分。
 同じ興行で、バンタム級の越智大輔(ビッグアーム)はサンペット・ソーミーペット(タイ)に初回2分19秒KO勝ち、フライ級8回戦で中広の同僚板垣幸司(広島三栄)はパランポン・チューワッタナ(タイ)に7回2分13秒KO勝ちを飾っている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了