December
01
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

11°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 関西に新王者 大沢が東洋奪取

関西に新王者 大沢が東洋奪取

2011年5月20日 21時57分


 20日夜、メルパルク大阪で行われたOPBFフェザー級タイトルマッチは、挑戦者の大沢宏晋(WBC13位=大星)が王者ジョネル・アリビオ(フィリピン)に2−1判定勝ち。新チャンピオンに輝いた。
 大沢は2回にアリビオの左フックでダウン。5回には左膝を痛めたが、スピーディーな左を突いて対抗。8回に左ボディーを効かせた後は攻勢に転じた。アリビオのワイルドなアタックにロープを背負うシーンも多かったが、奮起して打ち返し、チャンピオンとわたりあった。
 12回を終えたスコアは川上ジャッジが115−112、主審の柳氏(韓国)が115−113で大沢とする一方、フィリピンのリガス氏は114−113でアリビオと、「OPBF式」に割れたが、今回は正真正銘の接戦だった。
 殊勲の大沢は「僕なんかがチャンピオンになるなんて…」と、感激のコメント。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了