April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > セグラ再びカルデロンを撃沈

セグラ再びカルデロンを撃沈

2011年4月4日 1時14分


 メキシコのメヒカリで2日(現地時間)挙行されたWBO世界L・フライ級タイトルマッチは王者ジョバニ・セグラ(メキシコ)が前王者イバン・カルデロン(プエルトリコ)に3回1分39秒KO勝ちで破りベルトを防衛した。 初回、執拗にボディーを攻めるセグラは2回に入りプレスを強める。だが2回、サウスポー、カルデロンの右がヒット。長期戦の様相も呈する。しかし3ラウンド、セグラは一気にラッシュ。左構えから右フックでダメージを与え、左右ボディー見舞うと、カルデロンはしゃがみ込み、そのままカウントアウトされた。 セグラ(27勝23KO1敗1分)は昨年8月、敵地プエルトリコでカルデロンを8回KOで下し、WBA&WBO統一王者に就いたが、結局WBA王座は返上。今回がWBO王座の初防衛戦だった。返り咲きを阻まれたカルデロンは34勝6KO2敗1分。(三浦勝夫)※写真はカルデロンを沈めたセグラ =PHOTO/SUMIO YAMADA=

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了